仕事 の記事一覧

働き方がしっくりこない……? その違和感の正体は「なんとなく育休」「なんとなくワーママ」かもしれない。【前編】

2020.07.21

2015年の栗林真由美さんのインタビューはこちら なんとなく過ぎていく毎日に疑問を感じたら、「自分のテーマ」を見つけるチャンス 編集部:栗林さんが2018年に立ち上げられた育休コミュニティ「MIRAIS」は、“なんとなく ... 続きを読む

働き方がしっくりこない……? その違和感の正体は「なんとなく育休」「なんとなくワ…

2020.07.21

長引くテレワーク、久々の出社、そして熱中症……
産業医に学ぶ、withコロナ時代の組織と個人のマネジメント

2020.07.09

テレワークがメインとなり、個人も組織もよりマネジメントが問われる時代に 編集部:緊急事態宣言後、先生のオフィスにはどのような相談が多く寄せられましたか?   石井りな先生(以下、敬称略。石井):まず、個人からの ... 続きを読む

長引くテレワーク、久々の出社、そして熱中症……
産業医に学ぶ、withコロ…

2020.07.09

イギリス人ワーママに学ぶ、仕事と育児の「非両立論」。 必要なのは、ポジティブにアンバランスを楽しみ、たおやかに受け流す力

2020.05.29

社会が、企業がママの復職を応援する、イギリスの今 鎌田:日本では育休復帰後の仕事と子育ての比重に悩むママたちが多いです。イギリスのママたちはフレキシブルに働いているイメージがあるのですが、実際のところはどうなのでしょうか ... 続きを読む

イギリス人ワーママに学ぶ、仕事と育児の「非両立論」。 必要なのは、ポジティブにア…

2020.05.29

【リモートワーク応援企画!】リアルとは違う、心構えもコツがあった。「マザーハウス」山崎流・リモートワーク術【後編】

2020.05.15

前編はこちら! 効率がよすぎるオンライン会議は、時にはゆるさも必要 編集部:山崎さん自身が心がけているリモート術はありますか?   山崎大祐代表取締役副社長(以下、敬称略。山崎):強いて言うなら…… ミーティン ... 続きを読む

【リモートワーク応援企画!】リアルとは違う、心構えもコツがあった。「マザーハウス…

2020.05.15

「私、このままでいいのかな……」
男性社員が多い企業で働く2人のワーママの葛藤と新たな挑戦

2020.05.12

「私、このままでいいのかな?」 結婚や出産を経ると、ある時ふっと「このままずっと今の職場でやっていけるだろうか」と、今の働き方や生き方について漠然とした不安や疑問がうまれることがあります。 今回、ふたりの女性にオンライン ... 続きを読む

「私、このままでいいのかな……」
男性社員が多い企業で働く2人のワーママ…

2020.05.12

【リモートワーク応援企画!】圧倒的なデジタルシフトで一気に加速する、
「マザーハウス」山崎大祐さんインタビュー【前編】

2020.05.08

この状況下におけるスピード感とポジティブさの根源は……? 編集部:今回のコロナショック以降、逆境を乗り越えるんだ! という、ポジティブさがビシバシ伝わってきて、非常に勇気付けられています。ここまでどんな課題感からデジタル ... 続きを読む

【リモートワーク応援企画!】圧倒的なデジタルシフトで一気に加速する、
「マ…

2020.05.08

駐在帯同中、何してた? 振り返って気づく”自分らしさ”(イベントレポート)

2020.03.17

Himemama(ひめまま)×LAXICが共同で開催している、駐妻キャリア支援プロジェクト。 そのスピンオフ企画として「駐在帯同期間を振り返ろう」ワークショップを実施しました。 ファシリテーターとしてキャリアコンサルタン ... 続きを読む

駐在帯同中、何してた? 振り返って気づく”自分らしさ”(イベントレポート)

2020.03.17

どうして立候補? 選挙は大変? 議員と家庭の両立は……?
ママ区議リアル座談会「はじめての区議」【前編】

2020.03.06

神薗さん:地域のリソースを学校、家庭につなげたい思いで立候補 編集部:まずは区議選に立候補した理由や、昨年の活動内容などをそれぞれお伺いできればと思います。   神薗まちこさん(以下、敬称略。神薗):渋谷区議会 ... 続きを読む

どうして立候補? 選挙は大変? 議員と家庭の両立は……?
ママ区議リアル座…

2020.03.06

被災地に、地域に根付く産業を。気仙椿ドリームプロジェクトとともに歩む9年間の女性起業家ストーリー

2020.02.29

大切な人を突然失くした喪失感が 私を次の一歩へと突き動かした 編集部:東日本大震災を経て、被災地で事業開発をしようと決意したきっかけは何だったのでしょうか?   渡邉さやかさん(以下、敬称略、渡邉):もともと大 ... 続きを読む

被災地に、地域に根付く産業を。気仙椿ドリームプロジェクトとともに歩む9年間の女性…

2020.02.29

アフリカの美しいバラを日本へ
仕事に情熱を傾けた日々を経て迎えた母としてのステージ

2019.12.23

ケニアの美しいバラが教えてくれた 「情熱に従い自分の道を切り開く人生」 編集部:アフリカ・ケニア産のバラは日本ではなかなか目にする機会も少ないと思うのですが、萩生田さんとバラとの出会いはどのようなものだったのですか? & ... 続きを読む

アフリカの美しいバラを日本へ
仕事に情熱を傾けた日々を経て迎えた母としての…

2019.12.23

1 2 3 4 5 6 7 8 10