NEW

新着記事一覧

進む派遣社員と正社員のボーダーレス化
「自分の強みと向き合うこと」がキャリアチェンジのカギ

2022.08.15

活発化する転職市場。コロナ禍で働き方の見直しが進む 編集部:現在、転職市場はどのような状況なのでしょうか?   川畑美穂さん(以下、敬称略。川畑):企業の採用活動が活発化してきています。新型コロナウイルス感染症 ... 続きを読む

進む派遣社員と正社員のボーダーレス化
「…

2022.08.15

「働きがいのある会社」ランキング選出企業が語る!
「育休を取りたいときに取れる風土」を醸成するための考え方

2022.08.12

「ガッホー文化」の下、  個性を発揮しながら仕事を楽しんでいる 編集部:ヤッホーブルーイングさんではニックネームで呼び合っていると聞いたのですが、長岡さんは何と呼ばれているのでしょうか?   長岡知之 ... 続きを読む

「働きがいのある会社」ランキング選出企業が語る!…

2022.08.12

株式会社現場サポートに学ぶ、チームと組織の可能性の広げ方
地方における「働きがいのある会社」事例(後編)

2022.08.10

「チームをいかす だれもが活きる」理念を肌で感じながら働く 編集部:牧園さんのお名前は、新聞などのメディアでも拝見しております。今日はご同席いただきありがとうございます!簡単に自己紹介いただけますか?   株式 ... 続きを読む

株式会社現場サポートに学ぶ、チームと組織の可能性…

2022.08.10

株式会社現場サポートに学ぶ、チームと組織の可能性の広げ方
地方における「働きがいのある会社」事例(前編)

2022.08.09

地方と大都市圏のギャップを感じない背景にあるもの 編集部:御社は、働き方改革や働きがいに関する外部評価で数々の受賞をされていますよね。先日は、GPTWジャパンによる2022年版「働きがいのある会社」若手ランキングの小規模 ... 続きを読む

株式会社現場サポートに学ぶ、チームと組織の可能性…

2022.08.09

子どもも大人も、地域もうれしい親子ワーケーション
仕事と育児をトレードオフにしない、これからの働き方の選択肢

2022.08.05

「夏休みに子ども連れなら…」  尋ねてみて始まった親子ワーケーション 編集部:児玉さんが親子ワーケーションを始めたきっかけを教えてください。   児玉真悠子さん(以下、敬称略。児玉):私が初めて親子ワーケーショ ... 続きを読む

子どもも大人も、地域もうれしい親子ワーケーション…

2022.08.05

「やってみないと始まらない」元女子サッカー選手が不動産情報サービス会社への道を選んだワケ

2022.07.22

不動産情報サービスを提供する「アットホーム株式会社」に勤務している石原美聡(いしはら・みさと)さんは、小学5年生から大学4年生まで、サッカーひとすじ。大学時代に「なでしこリーグ」でもプレーしていた石原さんは、周囲がスポン ... 続きを読む

「やってみないと始まらない」元女子サッカー選手が…

2022.07.22

【子育てパパママSDGs特集】子どもには壮大なSDGsですが、楽しく分かりやすく伝えられる手段を見つけた話

2022.06.30

ライターの山口空生です。 私には、現在小学2年生の息子と2歳の娘がいます。 息子が学校を終え家に帰ってくると、お昼寝をしていた娘も体内時計で起床し、2人そろって家の中で遊びまわっては、疲れるとテレビゲームへ…。家の中では ... 続きを読む

【子育てパパママSDGs特集】子どもには壮大なS…

2022.06.30

今、地方企業に求められる「働きがい」とは?
人材獲得と地域活性化をつなげる組織づくりのヒント

2022.06.23

少子高齢化が進み、生産年齢人口減少の一途をたどる日本において、企業における若くて優秀な人材確保は困難を極めています。特に地方企業にとっては、東京への人口流出が止まらない状況下で、人材不足の課題は深刻化するばかりです。 こ ... 続きを読む

今、地方企業に求められる「働きがい」とは?

2022.06.23

雨の季節が到来
なんとなく不調な“梅雨だる”を乗り切るヒントとは?

2022.06.17

今年も雨の季節がやってきました。カラッとした心地よい晴れ間が続いていた初夏から一転、天気予報にはくもりと雨マークが続き、気温と湿度が乱高下。ムシムシ・ジメジメ、お天気だけではなく、気分も体調もなんとなくすっきりしない、と ... 続きを読む

雨の季節が到来
なんとなく不調な“梅雨だる…

2022.06.17

テレワーク時代の組織チームワークを高めるヒントにも!?
野球を通して再注目した「同じ釜の飯を食う」の意味

2022.06.14

生活をともにしたり、苦楽を分かち合う親しい間柄の例えを表す言葉として、「同じ釜の飯を食う」があります。   箱根駅伝の大ファンである私は、優勝常連校となった青山学院大学陸上競技部の日々の様子を追ったドキュメンタ ... 続きを読む

テレワーク時代の組織チームワークを高めるヒントに…

2022.06.14

1 2 3 4 5 74