NEW

新着記事一覧

経験者として、キャリアとの両立を支援したい!
小山佐知子さんが語る「働く女性の不妊治療」の話

2019.03.23

ここ数年、雑誌やインターネットなどメディアで取り上げられることが激増した妊活や不妊治療の話題。 そろそろ二人目が欲しい! というワーママや、結婚はしているけどまだ子どもは…… という女性にとってもかなり関心の高いトピック ... 続きを読む

経験者として、キャリアとの両立を支援したい!

2019.03.23

【地方ママの働き方vol,1】 遠隔地でも東京の会社の仕事ができる!
完全在宅&リモートワークで働くママ社員

2019.03.09

働き方改革の流れを受けて、雇用関係に限定されない多様な働き方が推進されています。 その中でもここ数年よく聞くのが「リモートワーク」。 Eメールなどオンラインのツールや電話を使ってコミュニケーションを取ることでオフィスに通 ... 続きを読む

【地方ママの働き方vol,1】 遠隔地でも東京の…

2019.03.09

子どものスマホ利用。ネットリテラシー対策を十分に!

2019.02.25

今や生活必需品となったスマートフォン。 私たち大人にとってスマホのない暮らしなんて、もはやありえませんよね。   ですが、「子どもにスマホを持たせるか?」となると、また話は変わってきます。 子どもたちにとっては ... 続きを読む

子どものスマホ利用。ネットリテラシー対策を十分に…

2019.02.25

“五感”を使って参加するクラシックプログラム
「みんなのコンサート」を体験しました(イベントレポート)

2019.02.19

前回「生演奏を子どもたちのこころに届けたい! 数値化できない、子どもの『感性』を育てるということ」でご紹介しました、NPOみんなのことば×東京オペラシティ「クリスマスおやこコンサート」(主催:東京オペラシティ)の様子をお ... 続きを読む

“五感”を使って参加するクラシックプログラム

2019.02.19

子どもたちのこころに届けたい!
数値化できない、子どもの『感性』を育てるということ

2019.01.30

子ども×クラシック、化学反応を目の当たりにして…… これだ! 編集部:このNPO「みんなのことば」を立ち上げられたきっかけを教えてください。   渡邊悠子さん(以下、敬称略。渡邊):学生時代にまず音楽家を派遣す ... 続きを読む

子どもたちのこころに届けたい!
数値化でき…

2019.01.30

大学を街のプラットフォームに。
東京学芸大、正木先生と話す教育の未来

2019.01.28

デザイン事務所から大学に戻って20年。 学内広報誌の発行から少しずつ変化を起こしていった 編集部:今日はよろしくお願いします。まず正木先生は『芸術・スポーツ科学系美術・書道講座』で教鞭をとっているとのことですが、専門はど ... 続きを読む

大学を街のプラットフォームに。
東京学芸大…

2019.01.28

親のワークスタイルに関係なく、子どもに合う教育環境を!
「共働きでも幼稚園」が普通になる未来

2019.01.23

キャリアコンサルタントの小橋友美です。小さなお子さんと一緒の年末年始、どのように過ごしていましたか? 保育園の申し込みを終えられたご家庭は、とりあえず一息ついてお正月を迎えることができたでしょうか? 赤ちゃんを抱っこして ... 続きを読む

親のワークスタイルに関係なく、子どもに合う教育環…

2019.01.23

親が子どもと共に成長する ”育自“ について
「アドラー式子育て」をおさらい

2018.12.30

以前LAXICでは、「ほめず」「しからず」勇気づけて子どもを育てる「アドラー心理学」についてご紹介しました。   以前もお話を伺ったアドラー心理学のプロフェッショナル、熊野英一先生が、親子教室「ここちの森」や、 ... 続きを読む

親が子どもと共に成長する ”育自“ について

2018.12.30

一生健康でいるためには、子どものころから野菜摂取が要に!
小さい時からベジトレをしよう

2018.12.27

「健康な身体を保つには、バランスのいい食事でしっかり栄養をとることが大切。特に野菜をきちんと取りましょう!」とは、誰もが知る定説。 ラシクでもこれまで、子どもの「食」や、産後の母親の健康管理等、親子の食事・栄養について専 ... 続きを読む

一生健康でいるためには、子どものころから野菜摂取…

2018.12.27

まとまった時間がとれたら、ママが「自分のために」やるべきこと

2018.12.06

年末年始やまとまったお休みがとれたときにママたちがすることとは何でしょう。大掃除? 家族旅行? もちろんそれもいいでしょう。 でもあえて、その時間を自分のために使ってみませんか。普段は仕事に、家事に、育児にと、ノンストッ ... 続きを読む

まとまった時間がとれたら、ママが「自分のために」…

2018.12.06

1 2 3 4 5 56