<転載・インタビュー>
予測不能な VUCA 時代に必要なキャリアの描き方 〜ソフトバンク人事部長に学ぶ、キャリアの “波乗り” のコツ〜

ラシク・インタビューvol.206

ソフトバンク株式会社 採用・人材開発統括部 統括部長 足立 竜治さん

一社で長く働くことが「正解」でも「当たり前」でもなくなった今、キャリアの描き方は多種多様になりました。岐路に立つ機会が多い時代だからこそ、「何を基準に、どう人生を泳いだらいいのか」が分からないビジネスパーソンも多いのでは?

ソフトバンクで採用・人材開発統括部 統括部長を務める足立竜治さんは「迷ったら大変なほう」「なんとかなる精神」で歩んできたそうです。足立さん流「キャリアの波に乗るコツ」をお伝えします。

【記事提供元】35CoCreation メディア
※この記事は、組織開発、人事コンサルティング事業などを手がける35CoCreation合同会社のオウンドメディアより転載しています
※聞き手/35CoCreation合同会社 桜庭 理奈氏

人事を目指してきたわけではない “偶然キャリア”

足立 竜治さん/オンラインにて取材

足立さんはソフトバンクで、人事の役職を歴任されてきました。もともと人事を目指してきたのですか?

 

足立竜治さん(以下、敬称略。足立):いえ、まったく違うのです。私のような人間が今の立場にあるのは、恐縮するばかりです。運やご縁に恵まれて今があると思っています。

学生時代に志したのはパイロットでした。ところが、就職氷河期で、航空各社の採用は凍結。しかたがないので1年間、カナダで過ごしました。今振り返れば、ギャップイヤーだったのだと思います。

 

良い経験だったのですね。

 

足立:なにより、多様な価値観に触れたのが貴重な学びで。自分と他人では、ものの見方が違うのは当たり前。そう捉えるようになったのは大きかったですね。

 

きっと自然と身につけられたのですね。帰国後はパイロット選考に?

 

足立:はい。ですが、最終面接の一つ手前、健康診断で不合格になってしまって。パイロット一本で考えていましたから、当然他の選択肢はありません。どうしようかと思いましたが、通信業界が伸びるのではと、国際通信の会社で営業職に就きました。

ところが入社した年、会社が買収されるのです。私が配属された支店では、国際通信の出身は私一人。他店の先輩に電話で聞きながら、なんとかお客さまと接していました。このとき、お客さまの声を真に聞くように努力したのは、キャリアとして大事だったと思います。

 

大変な中に、学びがあったのですね。

 

足立:そうです。その後、会社がソリューションエンジニアの育成を始めたので、私も手を挙げてゼロから学びました。当時は、一生の仕事にするつもりだったんです。ところが数年後、声がかかります。「1年間のレンタル移籍で人事に行ってほしい」と。1年だったはずなんですけどね、もう15年が経ちました(笑)。つくづく偶然に導かれるキャリア…“偶キャリ”だと思います。

自由演技できるロジカルな世界 人事の面白さに目覚める

人事に偶然たどり着いて15年。足立さんにとって人事は面白いお仕事ですか?

 

足立:こんなに面白いものはありません。異動から半年経った頃に気づいたのです。自由演技できるロジカルな世界だと。仮説を立て、正解らしいものを信じ、形にしていく。エンジニアや営業とは違う、答えのない面白さです。

 

答えがないからこそ、ロジックを用意して臨めば、余白は無限大だと思ったのですね。「自由演技でロジカル」なお仕事で、何が印象に残っていますか?

 

足立:新規事業の提案制度です。同様の制度があるリクルート出身の上司からヒントをもらって、取り組みました。最終的には好評でしたが、かなり試行錯誤しまして。その過程は「人事とはこうあるべき」という凝り固まった意識を解放する経験だったと思います。

 

凝り固まった意識を解放する。大切なメッセージです。

 

足立:最初は、会議室で話してもアイデアが出なくて。当時の本社は浜離宮庭園の隣にあったので、煮詰まったら、みんなで庭園に行ったんです。浜離宮の頭文字から「H会議室」と呼んで(笑)。意外と良いんですよね。

 

わかります。凝り固まった意識を変えるための習慣がある気がします。足立さんも身につけていそうです。

 

足立:偉そうなことは言えないですが、私は自信がないので、自分の考えが絶対だと思わないのです。客観的に見るように心がけています。これはエンジニアのときの上司の影響でもあります。「仕事は『やって終わり』ではない。その完成度を客観的に確認して、初めて完結するんだ」と言われ続けていたので。

 

一歩引いて大きな視野で捉える習慣が、今も活かされているのですね。

キャリアの岐路に立つとき、「迷ったら大変なほう」

足立さんは人事の中でも様々なキャリアを踏んでいますよね?

 

足立:今年度から採用と人材開発の責任者になり、給与を除く人事の全分野を経験したことになります。初めは制度人事で、3社統合でソフトバンクが拡大した当時、制度統合や文化合わせをしていました。その後、スプリント買収にあたり新設されたグローバル人事の部長として3年間。その後、HRBP(HRビジネスパートナー)を5年間やってきました。

 

岐路に立つときに、足立さんは何を考えますか?

 

足立:私がいつも決めているのは「迷ったら大変なほうを選ぶ」。「大変なほう」とは、「努力しないと届かないほう」です。根がズボラなんですよね。だから、自分を叱咤激励するためにも、大変なほうを。振り返ったときに充実感がありますしね。

 

自分が伸びていくほうなんですね。これまでのキャリアを振り返って、足立さんはご自身をどういう方だと思いますか?

 

足立:私は自由人だと思います。

 

自由人とは……?

 

足立:能天気かもしれませんが、なしたいと思えばなせる、と信じているんです。言い換えれば、ケセラセラの精神。自分も周りの方々も可能性は無限大で、必ずなんとかなります。そう思う雰囲気は周りに伝わっているように感じます。チームメンバーにも「やってみよう」と思ってもらえているのではないかと。自分で言うのは恥ずかしいですけど、「足立さんと働くと楽しい」と言ってもらえることが多くて。

 

素晴らしいですね! 「なんとかなる」と思うのは、根拠があるのですか?

 

足立:特にないんですけど(笑)。ただ、自分は運がいいんです。小さい頃から「なんかツイてるな〜」と思っていました。そう思っているだけで、良い方に転がっていくのではないかなと信じているんです。

不確実な時代に、“なんとかなる”精神で自分の豊かさを広げる

なるほど。それが足立さんの秘訣なんですね。一方で、「なんとかなる!」と思えない人もいると思います。そういう方にアドバイスするとしたら、足立さんは何を伝えますか?

 

足立:私なんかが恐縮ですけど、お話させていただくとしたら……。小さなことを成し遂げるのは、第一歩になるのではないですか? 何かひとつのことを一心に突き詰めてみるのはどうでしょうか。目の前のことを一つひとつ成し遂げると、次のご縁は生まれてきますから。

 

スモールステップで自信をつける、と。

 

足立:そうです。どんなに時代が変わっても、人間は、人と人との関係で生きています。仕事は信頼関係です。信頼は一足飛びに生まれませんから、一つひとつやり遂げることから。古臭いですけどね。

 

いえ、今は、基本的なことに戻るのが大事な時代だと思います。最後に、足立さん流、人生を泳ぐコツを教えてください。

 

足立:私自身、この先のシニア時代にどう生きようかと考えているのですが、人生100年時代には、世の中に価値を提供し続ける自信が必要だと思います。そのためには、成長し続ける意志を、いくつになっても持ち続けるのが大事ではないでしょうか。周りの先輩方を見ても、そうだと思います。

あとは、ライフとワークどちらも同じくらい楽しむことですね。仕事の環境はどうなるかわからないですし、流されるしかない部分もあります。でも、せっかくの人生、豊かにしないと楽しくありませんから。ライフとワークのバランスをとりながら生きると、VUCAの時代は波に乗りやすいのではないでしょうか。

 

成長にワクワクすること、仕事だけでなく自分自身の豊かさを広げていくこと。新しい時代では、自分の魅力を開発し続けるのが必要なのかなと感じました。

 

足立:おっしゃるとおりですね。それは循環すると思います。私はトライアスロンをやっていますが、会社とは別のコミュニティに属すると、双方向に影響があると実感しています。

 

生きやすくなる気がしますね。私も同感です。今日はありがとうございました。

足立さんとはあるパネルディスカッションで、登壇者としてご一緒させていただきました。その時から、「この方は運に味方されるチャーム(魅力)を持ち合わせた方だな」という印象を持っていましたが、今回のインタビューで改めて確信に変わりました。特に根がズボラなので、だからこそ自分を叱咤激励するためにも、大変な方を選んで突き進むというのは、清々しいお言葉でした。不確実性が高まる時代だからこそ、思考だけで解決するのではなく、まだ決まっていない「余白」を「なんとかなる」精神で楽しんでしまう足立さんの姿勢に、自然と笑顔がこぼれました。決められていないからこそ、自分に選択する余白があるということを教えていただきました。

足立 竜治さんプロフィール
HP:

ワーママを、楽しく。LAXIC

文・インタビュー:35CoCreation合同会社CEO 桜庭 理奈/小山佐知子

求人情報

時短勤務可!シェアオフィスの営業管理 

株式会社アクトコールでシェアオフィスの営業管理のお仕事となります。
契約獲得の後に発生する手続きなどをご担当いただく予定です。

詳しく見る↓

勤務地
品川
勤務時間
9:00〜18:00
報酬
応相談
条件
若手社員の教育や1人称で作業も行えるくらいの能力を持たれている方を希望しております。イメージとしては大手不動産会社でバリバリ手続きや部下をもっていた方などが理想的です。

話をきいてみる

↑閉じる