もうすぐ新学期!そろそろ子どものリズムを整えよう

もうすぐ新学期!そろそろ子どものリズムを整えよう

長い夏休み明け、親として心配なのは生活リズムの乱れです。新学期が始まるやいなや、毎朝がバタバタ・・・なんてことは避けたいですよね。生活リズムの崩れと共に、子どもが「学校に行きたくない!」などと言い出したら・・・と不安になると思います。今回は新学期へのリズムの整え方をご紹介します。

【1.基本は早寝早起き】

ワーママにとって朝の忙しさは戦場のようなもの。子ども達にご飯を食べさせて学校に行かせるのが夏休み前の生活の流れでしたが、夏休み中は、ママ自身も「学校も休みだしいいか。」と大きく構える事があったかもしれません。また就寝時間も遅くなってしまいがちです。1ヶ月もある夏休みであれば、このような生活をしたままだと、新学期からいきなり新しい生活リズムに変えるのは難しいでしょう。せめて1週間位前からは新学期の為に生活リズムを修正することをお勧めします。特に小学校低学年であれば尚更。休み明けの行き渋りの原因になってしまうので、早めに生活リズムの修正する事が大切です。

【2.朝ごはんを食べる習慣を】

夏休み中ラジオ体操に行く子どももいるしょう。しかしラジオ体操がない子ども達はゆっくりとした起床時間になることが多いです。その場合、起きるのが遅くて朝食を食べずに過ごすという子どももいるかもしれません。新学期に向けて、きちんと朝ごはんを食べる習慣をつけるのが重要です。朝ごはんを食べないと脳が働きにくくなり、学校にいく気力がなくなる原因にもなります。また朝の起きる時間が遅くなりがちな子どもは、早めに起こして朝食を食べる習慣をつけるようにしましょう。

【3.宿題はきちんとやっているかチェックしましょう】

夏休みは宿題がきちんと進んでいるかをチェックしてあげましょう。実は「全くやっていなかった」と、前の日に一気に済ますケースも割と多いのです。日々の宿題と違い、長期休みの場合毎日提出はしません。なので、親も「明日やればいいか。」と思いがちです。ですが夏休みの宿題も毎日の習慣なのです。休み前のように、夏休み中も毎日宿題をするように心がけましょう。夏休み中は部活や習い事、イベントなどでどうしてもリズムが崩れてしまいがちです。もしも全く進んでいなかったら、せめて1~2週間位前からは声をかけてあげることが必要です。一日で宿題全てを片付けるのはワーママにとっては大きな負担になります。また子ども自身も新学期一日目から疲れてしまいます。新しいスタートを上手に切るためにも、夏休み後半には新学期の準備の声掛けをしてあげるといいでしょう。

l_8

求人情報

時短勤務可!シェアオフィスの営業管理 

株式会社アクトコールでシェアオフィスの営業管理のお仕事となります。
契約獲得の後に発生する手続きなどをご担当いただく予定です。

詳しく見る↓

勤務地
品川
勤務時間
9:00〜18:00
報酬
応相談
条件
若手社員の教育や1人称で作業も行えるくらいの能力を持たれている方を希望しております。イメージとしては大手不動産会社でバリバリ手続きや部下をもっていた方などが理想的です。

話をきいてみる

↑閉じる