学童の地域格差、選択肢の少なさに揺れる親心。
子ども主体で考える「理想の放課後のあり方」とは?

ラシク・インタビューvol.193

放課後NPOアフタースクール 事務局 栗林真由美さん

主に小学1~3年の児童を預かる放課後児童クラブ(学童保育、以下学童)の存在感が高まっています。厚生労働省によると、2020年の登録児童数は約131万人。共働き家庭が増え、学童の利用者も10年前から6割増加しています。

新型コロナウイルスの感染拡大で、2020年は学童にとっても激動の一年に。春に学校が一斉休校になると、厚労省は学童に対して「原則開所」を要請。通常、学童は午後から開所しますが、厚労省の調べでは、午前中から開所した学童は全体の半数以上に達したとか…!

LAXICには2度目の登場(※)となる栗林 真由美さんは、娘さんの小学校入学と同時にコロナによる休校を経験したひとり。栗林さんが勤める、放課後NPOアフタースクールは、『放課後はゴールデンタイム』をコンセプトに、子どもたちに安全で豊かな放課後を届けるべく活動しています。

子どもの居場所として「なくてはならない存在」となっ学童。
コロナ禍で栗林さん自身が感じたこと踏まえ、子どもたちにとっての理想の放課後やこれからの社会での学童のあり方についてお聞きしました。

(※)2018年取材時の記事はこちら

利用希望者数に対してまだまだ選択肢が少ない学童環境

栗林 真由美さん/オンラインで取材を行いました

編集部:栗林さんは現在、御法人でどのようなお仕事をされていますか?

 

栗林真由美さん(以下、敬称略。栗林):私は団体内のICT全般を担当しています。組織全体の骨組みをICTを活用しながら整える仕事や、テクノロジーを使って子どもの遊びの中にICTを取り入れるための支援をしたりするのが仕事です。

 

編集部:子どもたちが活用するICTというと…?

 

栗林:タブレットを使って自分たちで動画を作ったり、最近だとプログラミングなどですね。プログラミングは2020年から小学校で必修化されたので子どもはもちろん、保護者の関心も高まっています。

 

LAXIC編集長小山(以下、小山):私の息子もこの春から小学生になったので、去年はいろいろな学童を見学しました。まさにプログラミングに力を入れている学童もあり、驚きましたね。とはいえ、全ての学童が具体的なプログラムを持っているわけではないですし、そもそも習いごと的な要素を持つ学童のほうが少ないのでは?

 

栗林:おっしゃる通り、一口に学童といってもさまざまですよね。私たちの団体の場合は、「放課後はゴールデンタイム」というビジョンを置き、さまざまな活動を進めています。自分が「楽しい!」と思えるものを追求できる環境を大切にしているので、多様な選択肢の中から選べるようにという意味で、プログラミングやICTというツールも様々な遊びの中の一つとして取り入れています。
 

編集部:栗林さんのお子さんも昨年小学校に入学されたんですよね? どのような学童に通われていますか?

 

栗林:娘は地域の公設学童に通っています。人見知りタイプなので、同じ小学校のお友だちがたくさんいたほうが安心だろうと思いました。

 

編集部:公設学童というと、一斉休校の際に、部屋の広さに対して子どもの人数が多すぎることなどが話題になっていたと思います。娘さんの学童はいかがでしたか?

 

栗林:公設学童には「放課後子ども教室」と、「放課後児童クラブ」の2種類※あります。放課後子ども教室で学校と一体化されている場合は、全校生徒が対象なので規模が大きくなる傾向があります。

娘が通っているのは放課後児童クラブのほうなのですが、こちらは一人あたりの面積が決まっている関係で、少なすぎず多すぎず…といった規模です。学校のすぐ近くにあるので、外遊びでは校庭も使っています。

 

小山:校庭が使えるのはいいですよね!民間の学童は習い事プログラムが充実していたり、駅前立地など保護者にとって魅力的な部分も多いですが、外でのびのび遊べる環境はあまりないのかも…と実際に学童見学をしていて感じました。

 

栗林:校庭は意外と使えないところも多いと聞きます。子どものタイプややりたい遊びはみんな違うので、さまざまなバリエーションの中から自由に選べるのが本来理想的なのでしょうね。

 

編集部:学童の利用者数が増える一方で、それらを自由に選べるかという意味では案外選択肢が少ないのかもしれないですね。

 

※「放課後子ども教室」は文部科学省管轄で、親の就労の有無にかかわらず誰でも利用できる。「放課後児童クラブ」は厚生労働省管轄で、基本的に働く親をもつ子どもだけが利用できる。放課後を過ごす場所としては、ほかに民営の放課後教室などがある。

課題は、自治体・学校・学童のスムーズな連携

編集部:昨年の一斉休校時は、学童のニーズがぐっと高まりましたよね。

 

栗林:一斉休校では自治体によって対応が分かれました。学校は一切関与せずに、まるまる学童保育に「子どもの居場所を運営してください」という自治体もあれば、「午前中は学校で、午後は学童で」という連携型の自治体もありました。

後者であれば、うまく協力しながら分散して活動を続けられていたと思いますが、そうでないところは負担がが全て学童のほうにきてしまうので大変です。地域によっては、限られた部屋の中で一日中過ごさなければならないという状況もあったと思います。

 

編集部:自治体によって対応が異なるというのは、保護者としてはモヤっとします…。

 

栗林:学童保育は、活動や運営の面では学校と異なる切り分けはされていても、「一人の子どもが放課後を過ごす場所」という意味では地域との連携が大事ですね。そこがつながればつながるほど子どもの居場所が豊かになるのだろうなと、コロナ禍ですごく感じました。

 

小山:コロナ禍とはいえ、本来格差があってはいけない場所で格差が生じてしまうのはモヤっとしますね…。ちなみに御法人では、各自治体へアフタースクール開設のアプローチもされていると思いますが、その際に受け入れられるかどうかは、自治体と学校・学童の連携の有無が大きいですか?

 

栗林:大きいですね。たとえば、市長さんや自治体の長に「教育全体を良くしたい」というビジョンがあり、自治体と学校との連携がミッションとして発信されていれば、そうではないところと比べて進めやすい傾向にありますが、「学校を知らない人たちに使われる」ということ自体にそもそも先生方が不安を感じられる、といったこともよくあります。自治体の担当者さんからは、学校との連携や活用についてのご相談もよくいただきます。

 

編集部:自治体から御法人に相談があるのですか?

 

栗林:放課後NPOが運営している「アフタースクール」は、移動の必要がない学校の中で多様な地域の“市民先生”などの力を借りて放課後の活動を充実させていく、というモデルです。すべての直営のアフタースクールが学校内で運営しているため、学校活用のノウハウやプロセスについてご相談いただくことがあります。

親の在宅勤務で放課後の過ごし方にも変化が

小山:学童は家庭に代わって放課後を過ごす場所なわけですが、何というか、受け皿としてのというよりも、もっと本質的なところ…安全で、快適で、楽しい時間を過ごす場所であって欲しいなと思います。

 

栗林:そうですね。やはり現状のシステムに落とし込んでいくと、安全で楽しい放課後が過ごせているかどうかはばらつきがありますね。

ちなみに我が家の場合は、コロナ禍で私が在宅勤務が増えたこともあり、「学童に行かない」というオプションも取れるようになりました。娘は、帰宅するとランドセルだけを置いて公園へ行く日も時々あります。

 

編集部:いいですね!学童に毎日通っていた子どもにとっては新しい放課後の過ごし方ですね。

 

栗林:一方で、大人のいない公園で遊ばせるのは不安もあります。子どもが安心して遊べる環境、という意味でも、信頼できる大人の目が常にそこにあるかどうかはやっぱり大きいですね。

 

小山:安全を確保しつつ、さまざまな選択肢を柔軟に選べるようになるともっといいですよね。親の働き方によっては、必ずしも学童へ行かなくても、「習いごと」という選択肢もあるかもしれませんね。もちろん、長期休暇月は難しいとは思いますが…。

 

栗林:私も、もともと週5で学童へ行かせるつもりだったのですが、ふたを開けてみたら在宅勤務が増えて、「このペースで働けるなら、平日に習いごとへ通わせられるのでは?」と気づきました。運よく近所で習いごとが見つかり、今も通わせています。大人の働き方が柔軟になると、子どもの選択肢も広がってくるのは実感しています。

 

小山:「子どもが学童を嫌がるけれど、仕事の都合上行ってもらわなければならないし…」といった葛藤も見聞きしますが、親も心苦しいんですよね…。

 

栗林:本来はそこに負い目を感じるのもおかしいし、親が当たり前に働いて、子どもも当たり前に好きな過ごし方ができるとよいのですが、なかなかうまくいかない。親御さんも、自分を責めてしまって苦しいですよね。

 

編集部:御法人でも、アフタースクールに通うご家庭の働き方や、子どもの通う頻度に変化を感じますか?

 

栗林:親御さんの在宅勤務が増えているのは、全体的に感じます。一方で、「ただ預ける場所」という機能的な部分だけではなく、「子どもが来たくて来る場所」というところに価値を感じて通わせてくださっている保護者の方が増えている気もしています。

コロナによる活動制限はあるものの、スタッフがいかに子どもにとって居心地よく、自由に過ごせる場所をつくるかを意識して工夫しているので、継続して来てくれているお子さんは多くいる印象です。プログラムのひとつに「子ども会議」という子ども自身で放課後をどうしたいかアイデア出しするようなものがあり、できるだけ子どもの主体性を引き出す取り組みを大切にしているのも大きいと思います。

 

編集部:最後に、読者へのメッセ―ジをお願いします!

 

栗林:住む場所によって選択肢が限られてしまったり、民間学童に行くにも費用が高額になってしまうなかで、選択肢は本当に少ない状況です。1、2年生だと自分で決めて選ぶことも難しいとは思うのですが、なるべく子どもが自由に決められる「余白の時間」を作ってあげたいですね。

学童で過ごす時間の中にも自由があるのが理想ですが、もし仮に子どもが居心地よく過ごせないのであれば、学童以外の場所でどういうふうに落ち着ける時間をつくっていくか。少ない選択肢の中でいろいろなリソースを組み合わせて子どもが安心できる時間をつくってみてはいかがでしょうか。なるべく本人に任せながら、そこを意識して放課後の時間をつくっていけるといいなと、私自身は思っています。

 

編集部:貴重なお話をありがとうございました!

子どもにとっての理想の放課後のあり方について、改めて考え直すきっかけとなった栗林さんへのインタビュー。小学生の娘さんをもつ栗林さんと、まさにこの冬に学童選びを終え、息子さんの入学を控えるLAXIC編集長・小山の掛け合いに、共感した読者も多いのではないでしょうか。文科省と厚労省の連携は、たとえば保育園と幼稚園が融合した「認定こども園」の例をとっても、決して不可能ではないことのように思います。学校という閉ざされた環境をもっとオープンにし、子どもの居場所を地域全体で確保できるよう、私もひとりの母親としてできることを模索していきたいです。

栗林真由美さんプロフィール
㈱日立システムズ、㈱ビジネスブレイン太田昭和を経て2017年より現職
事務局にて組織のICTシステム、仕組みづくりを中心に担当しつつ、自治体の放課後事業支援にも参画。子どものころ放課後好きだった遊びは、妄想ドラマごっこと読書。
家族構成は、夫と小学校2年生の娘(7歳)
HP:特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール

ワーママを、楽しく。LAXIC

文・インタビュー:下谷内 由希奈

求人情報

時短勤務可!シェアオフィスの営業管理 

株式会社アクトコールでシェアオフィスの営業管理のお仕事となります。
契約獲得の後に発生する手続きなどをご担当いただく予定です。

詳しく見る↓

勤務地
品川
勤務時間
9:00〜18:00
報酬
応相談
条件
若手社員の教育や1人称で作業も行えるくらいの能力を持たれている方を希望しております。イメージとしては大手不動産会社でバリバリ手続きや部下をもっていた方などが理想的です。

話をきいてみる

↑閉じる