「パーソナライズ絵本」で起業した夫婦に学ぶ、新規事業の作り方と起業ステップ

ラシク・インタビューvol.192

STUDIO BUKI株式会社 代表取締役 コズロブふくみさん

読者のみなさんの中には、「この先フリーランサーになりたい」、「起業してみたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。LAXICではこれまでも、コロナ禍で働き方が変わりキャリアチェンジを視野に入れるようになったという事例をお届けしてきました。

一方で、いざ起業となると「事業計画書が書けない」、「登記や資金調達など難しそうなことばかり」とそのハードルの高さを実感したという意見も…。

今回インタビューさせていただいたコズロブふくみさんもそんなひとり。2019年にパーソナライズ絵本(※)を制作するSTUDIO BÜKI(スタジオブーキー)株式会社を立ち上げるまでにはたくさんの迷いやチャレンジがあったそうです。

「自分にできないことは人に頼ろう!」とポジティブに周囲を巻き込み、パートナーのイゴールさんとともにスピード感を持って疾走するコズロブふくみさん。自分らしさを活かす事業の作り方と、起業ステップついてお話を伺いました。

(※)子ども一人ひとりが主人公となり物語に登場する、世界に一冊のオーダーメイド絵本

「いつか独立したい!」という想いを行動に変えた父の言葉と夫のサポート

コズロブ ふくみさん(右)と、夫のイゴールさん(左)/オンラインで取材を行いました

編集部:ふくみさんはご自身のブログで、「起業に至るまで8年かかった」と仰っていますね。そもそも、起業を志したきっかけは何だったのでしょうか?

 

コズロブふくみさん(以下、敬称略。ふくみ):私が独立を志したのは、今から10年前の2011年でした。きっかけは、高校生のころから父によく言われていた言葉でした。父はサラリーマンではあったのですが、月の半分家にいないなと思ったらあとの半分は家にいるようなフレキシブルな働き方をしていたんです。授業参観や運動会にも、必ずいて(笑)。

そのせいなのか、私の性格を見越していたからかは分かりませんが、ずっと「ふくみは独立したほうがいい」と言われていたんです。

 

編集部:お父様の言葉が原体験となったのですね。

 

ふくみ:といっても、ずっと聞き流していたんですけどね。でも、あるとき上司との面談で、「君はよくやってるから、このままもっと上を目指していこう!」と言われ、違和感を覚えたんです。「私、会社の中で上を目指したいんだっけ?」と。

上司からは「同期に負けないようにな!」と激励されたのですが、私の中では同期に勝つために働くイメージがなくて…。目の前の楽しいことに取り組むのが私のモチベーションなのに、と改めて自己分析をしたとき、父の言葉を思い出したんです。「そうか、独立か!」と。

 

編集部:なるほど。そしてそこから独立のために、どんな行動を?

 

ふくみ:当時は、会社で働きながら起業スキルを身につけようと考えたので、まず転職をしました。2社目はコンサルティング会社、3社目はベンチャー企業に。ただ、3社目で気づいたんです。会社では、起業に必要な“0から1”の部分は学べない、と…。

 

編集部:確かに自分で起業となると0から1のフェーズですもんね。

 

ふくみ:それで、思い切ってもう独立することに決めました。でも、当時は「独立する」ということだけが先に立っていて、具体的なプロダクトが描けていなくて。独立するからには自分のプロダクトを持ちたいと思っていたものの、何がいいのか具体化できなかったんです。

 

編集部:そこでどうされたのでしょうか?

 

ふくみ:まずは夫に協力を依頼しました。彼はコンサルティング会社に勤めていてビジネス戦略を考えるのが得意なんです。

 

コズロブ イゴールさん(以下、敬称略。イゴール):コンサルティング会社で働いてきた経験から、「テクノロジーを駆使していかに新しいビジネスをつくるか」についてはスキルを持っていたので、一緒にやることにしたんです。私自身も「プライベートで何かプロジェクトをやりたい」と思っていたのも大きいです。

試行錯誤の末にたどり着いたのは、
子どもが物語の主役になれるパーソナライズ絵本

テクノロジー×印刷! 絵本のDX化で新しい絵本の楽しみ方を提案しています。

編集部:パーソナライズ絵本の制作というビジネスにたどり着く以前はどのようなプロダクトを考えていたのでしょうか?

 

ふくみ:輸入販売や和菓子の海外向け販売、猫のWEBメディア立ち上げなどですね。夫にアドバイスをもらいつつ、二人で事業計画を進めていたのですが、当時はいずれもチャンスを掴めずにいました。そんな中、たまたま目にしたのが、海外で市場が伸びてきていた子供ひとりひとりが主人公になれるパーソナライズ絵本でした。

絵本をDX(デジタルトランスフォーメーション)化することで、子どもの名前や誕生日によって異なるストーリーやイラストが楽しめるのが魅力的だなと。

 

編集部:さまざまなビジネスを模索されていたので、パーソナライズ絵本には何かピンとくるものがあったのでしょうか?

 

ふくみ:私はもともと絵本が大好きで、幼いころはよく主人公を自分に置き換えて楽しんでいました。「エルマーとりゅう」なら「ふくみとりゅう」、「ジャックと豆の木」なら「ふくみと豆の木」のように(笑)。

でも、成長するにつれて、「私には龍の友だちはいないし、王家出身でもない。」と気づいたんです。「どうやら私は物語の主人公にはなれないらしい…」と。

 

編集部:なるほど…。

 

ふくみ:現実と空想の間を線引きしたのですが、息子を出産して、海外のパーソナライズ絵本に触れたとき、その記憶がよみがえったんです。パーソナライズ絵本は一人ひとりの子どもが主役です。まさにそんな本を作りたいと思ったんです。

絵本を包む資材にもこだわりがたくさん。アイディアの源には常に息子さんの存在があるのだとか。

編集部:それまでのプロダクトとは、違う手応えを感じたのですね!

 

ふくみ:「私が欲しかったのはこういう絵本。日本のパーソナライズ絵本ブランドをつくりたい!」と思いました。その時点で、会社員時代に得たマーケティングスキルや、独立後に養ったSEOやSNS運用の知識があったので、それを総動員したら、いつの間にか形になっていました。

ビジネススピードを加速させるために必要なのはインスピレーションとネットワーク

「一人じゃできないことも、メンバーがいれば挑戦できる」とふくみさん。

編集部:ここまでの経緯を伺って、お二人にはスピード感があるというか、トライ&エラーも含めてビジネスのサイクルが速いと感じます。

 

ふくみ:3社目のベンチャー起業で、社長に「スモールスタートでいいから、完璧を目指すよりもとにかく動くこと」と教えられていました。あとは、夫とのチームワークの効果もあると思いますね。

私はインスピレーションを大事にしていて、感覚で突っ走るところがあるんです。一方で、夫はロジックを組み立てたり、戦略を立てることが得意。右脳と左脳のような関係性なんです。

 

編集部:直感で行動するふくみさんを、戦略家のイゴールさんがサポートされたのですね。素晴らしいパートナーシップ!

 

イゴール:とはいえ、1人や2人でできることは限られています。実際、最初に取り組んだ3つのプロジェクトはうまくいきませんでした。BÜKIは、お互いのネットワークを活用して信頼できる人間を巻き込むことで軌道に乗りました。私の故郷であるベラルーシにいる開発チームがまさにそうですね。メンバーの考えが一致していたのもスピード感の理由だと思います。

 

編集部:周囲の人を巻き込んだ結果、チームができ、回転率が速まったのですね。

 

イゴール:巻き込む人は、必ずしも夫や妻である必要はないと思いますが、まずは自分のことを知ってもらうという意味でネットワークを広げることが大事です。たとえば、ディスカッション用のアイディアをいくつか準備して、同じ考えをもつ人たちが集まるコミュニティに入る、とか。すると、たいてい自分と同じことに興味を持っている人がいるんですよ。その人たちと意見交換をして仲良くなり、一緒にステップを踏み出す感じです。

 

編集部:なるほど、仲良くなった人に壁打ちしてもらうのですね!

 

イゴール:仮に起業したい女性が100人いて、みんながマニュアル通りに資金調達から進めたとしたら、成功するのは1人か2人くらいでしょう。1人を5人に増やすには、第一ステップとしてまず自分のスキルを補い、きちんと意見を言ってくれる人を見つけることです。そうすれば、フリーランスや起業を志す人が、何倍にも増えると思いますよ。

 

編集部:こういうお話はいわゆる「起業マニュアル」にはあまり載っていないことだと思います。ちなみに、資金調達はどのように?

 

ふくみ:ほぼインハウスでやっていて、外部からの資金調達はしていません。

 

編集部:「ネットワークが大切」とお二人がおっしゃっるように、起業にはヒト・モノ・カネのバランスというか、リソースをうまく活用するスキルが必要なのかもしれないですね。

 

ふくみ:仮に私ひとりで起業したら、自分だけでできることには限界があったと思います。そこで身近な人から説得して巻き込んでいき、その人がまた周囲を巻き込んでうまい具合にパズルとパズルがくっつくように、チームが出来上がりました。

ファミリービジネスだからこそ、子育ても暮らしも楽しめる

仕事も生活も、ぜんぶ家族一緒に。

編集部:お二人は普段、シェアオフィスでお仕事をされているそうですね。

 

ふくみ:コロナ禍で夫がリモートワークになったので、週5~6日はシェアオフィスの「マフィス(※)を利用しています。実はこの地域に引っ越してきたのも、マフィスを使いたいからなんです。2階がオフィスで3階が保育園なので、息子がお散歩へ行く姿も見えるし、日中、狂喜乱舞している声も聞こえる(笑)。

絵本を制作するうえで、息子の存在がインスピレーションの源になっているので、子どもの存在を常に感じられるマフィスでは、絵本のアイディアも浮かびやすいんです。

 

編集部:普通はなかなか見られない子どもの園での様子を垣間見られるのは、マフィスならではですね。ところで、今後は、イゴールさんが正式に事業参画されるのでしょうか?

 

イゴール:今はまだスタートしたばかりで、お客さんの反応は良いものの、現実的なことを考えると、今年あと3~4冊出してもっと規模が拡大してからと考えています。今は休むヒマもありませんが、そうなれば、週末も休めるかな?(笑)

 

ふくみ:ファミリービジネスとしてやっていけているのは、お互いがゴールを共有しているからだと思います。これは私の妄想なんですが、ゆくゆくは1階が子供が集まる場所、2階がオフィス、3階が自宅のように、家族も仕事も生活も、すべて回せる環境をつくりたいですね。

 

編集部:それは素敵ですね! ぜひその妄想を現実のものにしてください。最後に、読者へのメッセージをお願いします。

 

ふくみ:自分が思い描いていたこと、叶わないと思っていたことでも、周りの協力が得られれば「案外叶うものだな」と実感してきました。「起業」というと自らのハードルを高く設定してしまいがちですが、身近なことから一歩踏み出してみるといいと思います。夫や友人に話してみるとか、ブログやSNSを始めてみるとか。子どもたちにも、そうやって夢を実現できるような環境を提供していきたいです。

 

編集部:本日は、貴重なお話をお聞かせいただきありがとうございました!

(※)※ママと家族のためのシェアオフィス「マフィス」

「インスピレーションを大切に、考えるよりもまず行動に移す」というふくみさんと、「起業の第一段階としては、ネットワークづくりが最も大事だ」と考えるイゴールさん。まずは、自分の身の周りにある「人」や「もの」を最大限に活用して、足りないものを補っていく。リアルな成功例を伺えたことで、起業へのハードルが下がったように感じます。感覚的にご自身の想いをお話されるふくみさんの言葉を、要所要所で補足するイゴールさんの姿も印象的でした。起業にかぎらず、何か新しいことにチャレンジする際にも、コズロブさんご夫妻の考えをお手本にしたいですね。

コズロブふくみさんプロフィール
早稲田大学卒業後、コンサルティング会社やベンチャー企業などでマーケティング担当として従事した後、独立。フリーランスのマーケティングコンサルタントとして企業のマーケティング線略立案を支援。出産後の2019年に、ビジネス戦略を担当する夫と、イマジネーションの源である息子と一緒に、家族で起業。
HP:BÜKI

ワーママを、楽しく。LAXIC

文・インタビュー:下谷内 由希奈

求人情報

時短勤務可!シェアオフィスの営業管理 

株式会社アクトコールでシェアオフィスの営業管理のお仕事となります。
契約獲得の後に発生する手続きなどをご担当いただく予定です。

詳しく見る↓

勤務地
品川
勤務時間
9:00〜18:00
報酬
応相談
条件
若手社員の教育や1人称で作業も行えるくらいの能力を持たれている方を希望しております。イメージとしては大手不動産会社でバリバリ手続きや部下をもっていた方などが理想的です。

話をきいてみる

↑閉じる