【共同養育特集】別れても、ふたり親。離婚後の家族を第一線で支える「りむすび」代表しばはし聡子さんインタビュー

ラシク・インタビューvol.188

一般社団法人 りむすび しばはし 聡子さん

前回から、離婚しても「ふたり親」で育てる共同養育を特集しています。
先進国では当たり前に進められている共同養育ですが、日本では、離婚すると同時にひとり親となり、同居していない実の親とは面会交流もされていないケースが多いのが現状。養育費の不払いに始まり、シングル家庭の貧困が社会問題になっています。

そもそも、“子どもファースト” で考えた場合、離婚しても親子関係そのものは変わりありません。二人で分担して育てる方が、子どもにも親にも社会的にもメリットが大きいのですが、まだまだ認知されていない難しさがあるようです。

そこで、今回は共同養育の実践に向けたサポートをされている一般社団法人「りむすび」の代表、しばはし聡子さんに、共同養育への進め方など実践的なお話を伺いました。

*このインタビューはワーキングマザー向けメディアという特性から、同居しているのが母、別居している方が父と仮定して進めています。
前回記事 離婚弁護士 水谷江利さんのインタビューはこちら

 

自らの離婚経験を通し、子どもへの影響の大きさに気づく

しばはし聡子さん/オンラインにて取材を行いました

編集部:まずは、しばはしさんが「りむすび」を立ち上げたきっかけから教えていただけますか?

 

しばはし聡子さん(以下、敬称略。しばはし):6年前、自分が離婚を経験した時に、元夫と関わりたくないが故に「子どもを父親に会わせたくない」という思いがありました。私が後ろ向きでいる間、子どもが精神的に不安定になってしまい、その時のことをひどく後悔したのがきっかけでした。はじめから「離婚しても、二人で育てる」という発想があればこんなことにはなりませんでした。ですから、離婚に悩んでいる方が「離婚後も親子関係は変わらず、親同士の関係も続く」ということを(別居前から)理解しているかどうかで、その後の子どもの人生を変えると痛感したのです。

 
当時は、弁護士からも離婚後の子育てについて助言はなく、離婚に関するノウハウ本などを読んでも書いていませんでした。だからこそ「私が発信しないと!」と使命感にかられ、20年間勤めた会社員を辞めて一念発起しました。
 
 

編集部:その頃は「共同養育」という言葉はありましたか?

 

しばはし:あったかもしれませんが、耳には入ってきませんでした。日本ではなんの悪気もなく「離婚=ひとり親」が当たり前で、「離婚後も、二人で育てる」という発想がありません。子どもからしてみると、愛してくれる親が一人いなくなるのですから、大事件ですよ。そのことをもっと大人が理解しておかなければ。
 

編集部:確かに、離婚すると一人で育てるのが当然だと思っていました。子ども中心に考えればわかることなのですが…。
 

しばはし:まだ、離婚に直面していない時だと「離婚後も、一緒に育てる」という考え方もすんなり受け入れやすいですが、いざ離婚の当事者となると、相手と関わりたくない=会わせたくないという考えになりやすい。社会全体の共通認識としてこの考え方がベースあれば、必要以上に相手との関係を悪化させずにすみますし、愛する子どものためになるのです。

まずは感情のもつれを整理し、正対することが共同養育への第一歩

編集部:共同養育を進める際に、どう進めればスムーズに進むのですか?

 

しばはし:夫婦がもつれる原因は、感情面が最も大きいです。協議にしても、調停にしても、感情のもつれを解かないで、いきなり「取り決めしましょう」と言っても、スムーズに進むはずがないですよ。まずは、各々自分の気持ちを整理しお互い葛藤を和らげてから、子どものことを考え、離婚の取り決めを進めるのがいいと思います。

 

編集部:怒りが収まっていない中で話を進めても、冷静な判断できませんね。
 

しばはし:同居中にどういうことがあったかをまず正対して気持ちを整理してから、歩み寄る方法を考えた方が、新しい人生のスタートを切りやすいです。りむすびではそこの気持ちの整理のお手伝いをしています。
 

編集部:そういったネガティブな感情は、正直、友達にも話しにくいですから…。専門家に聞いてもらえて、気持ちに整理がつけられるなら非常に心強いですね。

 

しばはし:「会わせたくない」という気持ちは感情ですし、そこは否定できません。私も当事者でしたから、「とにかく、会いたくない」「会わせたくない」という気持ちは非常に理解できます。そんな中でも、前に進もうと相談に来られたことだけでも素晴らしいことです。ですから、「感情と行動を分けましょう」というお話しをしています。相手と仲良くなる必要はありませんし、子どもの前でその感情を見せなければいいので。

 

編集部:なるほど!理解してくれる人がいると、それだけで勇気づけられます。
 

しばはし:あと、本人がそこまで思っていなくても、周囲からの影響で「会わせたくない」という気持ちが強くなることもあります。たとえば、親が「縁を切りなさい」「実家に帰ってきなさい」となると、共同養育は難しくなりますし、弁護士が入ると、有責主義の世界なので相手を責めないといけない。

 
編集部:周りに惑わされないためにも、まずは自分の気持ちを落ち着かせて、方針を決めてしまうことが大切なのですね。

理想的な共同養育のカタチ、そこに求められるのは…

編集部:ご相談に来られる方は、どのタイミングで相談に来られますか?
 

しばはし:離婚調停中で「(離婚後子どもに会えていないので)会わせてほしい」と願う男性が7割、「会わせたくない」という女性が2割。そして最近増えているのが、「共同養育を前提に離婚したい」という経済力のある女性です。

 

編集部:「共同養育前提」で動き出しているワーママがいるのですね!?
 

しばはし:働いている女性は当然経済力がありますからね。ただ、ここで一つ誤解してほしくないのが、共同養育ができるからといって離婚のハードルを下げないでほしいということ。どうしても上手くいかず夫婦関係が破綻している場合は、共同養育をぜひ考えてほしいです。
 

編集部:共同養育はその耳触りの良さも相まって、円満離婚、新しい家族のカタチ、などとポジティブに捉えられがちなのかもしれませんね。

 

しばはし:円満離婚という言葉は、親にとって都合がいいだけの言葉なのであって、子どもにとって離婚は離婚なんです。

 

編集部:確かに…!ちなみに子どもにとって良い共同養育とは?

 

しばはし:会う頻度が多いに越したことはありませんが、まずは子どもが両親のことを自由に言葉にすることができて、自由に行き来できる環境があること=親同士が争っていないことが大切です。そこをベースとして作った上で、頻度だとか新しい親子関係ができてきますから。以下の3つ柱が大事だと思います。

親子交流の頻度 + 親子関係 + 親同士の尊重 = 共同養育の充実度

 

編集部:関係が破綻している夫婦が相手を尊重し合うまでに、どのぐらい時間がかかるのでしょう?

 

しばはし:両者ともに「二人で育てる」という認識があると、会うための方法など建設的な話し合いになりますが、認識が違っていると「どうして会わせないといけないの」という話からのスタートなので、かかる時間は大きく異なりますね。

 

編集部:その場合はどういったアドバイスを?

 

しばはし:相手を変えることはできませんが、自分が変わることで相手に示すことはできます。両者とお話ができるとき、会えない側には「共同養育しやすい相手になりましょう」と伝え、一方で夫が怖いから会わせたくない人には「相手の怒りは不安から来ています、一歩踏み出すことで変わりますよ」とお伝えしています。「子どものため」という正論だけでは潰れてしまうこともあります。別れたいと思っている相手に対して歩み寄るのは、心のケアと伴走が必要です。でも、徹底して歩み寄り姿勢を持てるようになった人は、子どもと会えるようになっていますよ。

共同養育しながら、新しい人生を歩む時って…どうするの?

編集部:新しいパートナーに出会った時は共同養育とどう両立するのでしょう?
 

しばはし:子どもにとって実のお父さんは変わりませんので、新しいパートナーをお父さんにする必要はありません。子どもが「パパ」と呼びたければ呼べばいいけれど、パパの入れ替え制ではありませんので、つつみ隠さず、子どもにわかる言葉で説明すれば良いのです。その方が、新しいパートナーとの関係もうまくいきますよ。

 

編集部:そうなのですね…!特に、子どもが小さいうちは「再婚する=新しいパパ」みたいなイメージがありました。

 

しばはし:パパになる気持ちで来てくれるのは嬉しいけれど、そこを期待しすぎるとうまくいきません。子どもに対しても「ママとあなたをすごく大事に思ってくれる人なんだよ」と説明すれば良いと思います。あと、再婚したからといって、「実のお父さんと会わない」というのは子どもにとっては愛してくれる人が減ってしまうので、そこは変えなくていい。

 

編集部:となると、離婚後のパートナー選びも重要ですね。

 

しばはし:まさに「共同養育を理解して、子どもと実の父親との関係を嫌がらない人」がポイントです。ただ、前の家族ばかり大事にすると新しいパートナーとの関係も難しくなるので、そこは気を遣いながら。でも、子どもが実のお父さんと会っているときは、新しいパートナーと二人の時間を過ごせられますよ。
 

編集部:芸能界やセレブではイメージつきますが、まだ周囲にはなかなか…!

 

しばはし:だからこそ、より多くの人が共同養育を認知し、子どもを中心に大人がたくさんいるファミリーが増えたら、一番のロールモデルになると思います。こうした家族が日本全国に草の根的に増えればいいなぁと。これからも発信を続けたいと思います。

 

編集部:今日は貴重なお話をありがとうございました!

共同養育について、より生活に身近な部分でのお話が伺えました。法律というハードと実践するためのソフト、この両輪があって社会の認知は広がると思いますが、共同養育は今からでもできること。「相手次第というよりは、まずは自分が共同養育できるようになるために努力して」という、しばはしさんの言葉がとても印象的でした。「歩み寄る」という姿勢がとにかく大切なのですね。一人でがんばるのではなく、寄り添って併走してくれる「りむすび」の存在はとても心強いで。次回は、共同養育を実践している方に、よりリアルなところを伺いたいと思います。

しばはし 聡子さんプロフィール
一般社団法人りむすび代表/共同養育コンサルタント
1974年生まれ 慶應義塾大学法学部卒
一児の母で子連れ離婚経験者。離婚当時、夫と関わりたくがないがゆえに子どもと父親を会わせることに後ろ向きに。その間子どもの気持ちが不安定になった後悔を機に、離婚後両親で子育てをする「共同養育」を普及するため、脱サラし2017年一般社団法人りむすびを設立。前職では電力業界にて広報や秘書を務める。
現在、共同養育実践に向け相談業務、面会交流支援サポート、講演、執筆活動を行う。また、別居や離婚を経験したパパママが集うオンラインサロン「りむすびコミュニティ」を運営。現在、全国から110名の会員が集い共同養育に向けた相互理解をはかる。
著書「離婚の新常識!別れてもふたりで子育て 知っておきたい共同養育」
HP:一般社団法人りむすび

ワーママを、楽しく。LAXIC

文・インタビュー:飯田 りえ

求人情報

時短勤務可!シェアオフィスの営業管理 

株式会社アクトコールでシェアオフィスの営業管理のお仕事となります。
契約獲得の後に発生する手続きなどをご担当いただく予定です。

詳しく見る↓

勤務地
品川
勤務時間
9:00〜18:00
報酬
応相談
条件
若手社員の教育や1人称で作業も行えるくらいの能力を持たれている方を希望しております。イメージとしては大手不動産会社でバリバリ手続きや部下をもっていた方などが理想的です。

話をきいてみる

↑閉じる