働くママの”姓”について考える。新しい姓? 旧姓?
自分らしく働けるビジネスネームとは?!  座談会【前編】

ラシク・インタビューvol.141

ソーシャルアクティビスト 平本沙織さん

株式会社マモル 代表 隈有子(くまゆうこ)さん

株式会社ノヴィータ 代表 三好怜子さん

突然ですが”姓”について(特にビジネスネームについて)、みなさんはどの様に考えていますか?

旧姓のまま続けている方、転職を機に新姓に変えた方、新姓に変えたけどやっぱり旧姓に戻された方…… タイミングやきっかけは色々ありますが、その変化や経緯について聞いてみると、考え方も選び方も千差万別。 選択的夫婦別姓の声も高まる中、赤裸々に語ってもらいました。前後編でお伝えします。

<座談会メンバー紹介>
右から

  • 結婚しても旧姓 → LAXIC運営会社ノヴィータ代表 三好怜子(新姓は野間)
  • 旧姓~新姓 → ソーシャルアクティビスト 平本沙織さん(旧姓は神田)
  • 新姓~旧姓 → ITベンチャー マモル代表 隈有子(くまゆうこ)さん(新姓は齋藤)
  • 結婚してから新姓 → フリーライター 飯田りえ(進行役・旧姓は田中)

ずっと旧姓、新姓、途中で変更…それぞれの理由、それぞれの視点

編集部:まずは現在のビジネスネームを選択した経緯を教えてください。ちなみに私は結婚を機に心機一転、新姓でフリーランスとして活動をスタートさせたので、姓についてそこまで考えてないタイプです。あと、今回の座談会は姓ではなく愛称で進めさせていただきますね。

 

三好怜子(以下、怜子さん):ずっと旧姓のままです。子どもを産んでもどんな状態でも、とにかく仕事は続けたいと思っていたので、新姓を名乗る意識は最初からありませんでした。ちなみにノヴィータにいる3人の役員は2人女性で1人男性で、偶然にも全員旧姓で仕事していて新姓で登記しているという、珍しい会社ですね(笑)

 

編集部:珍しいですね! 会社の雰囲気も関係しているのでしょうね。

 

平本沙織さん(以下、さおたん):男女共に姓の変更を経験した人がいて、その上でみんなが旧姓を使い続けている、その状況がフラットでいいですね。

 

怜子さん:一般的には結婚するとビジネスネームも新姓に変える方も多いかもしれないのですが、私に言わせれば「そりゃ、旧姓でしょ」と。名前を変えてしまうと、これまでの経歴や仕事が繋がらなくなる場合もあるので。

 

編集部:さおたんはビジネスだけでなく、ソーシャルアクティビストとしての個人の活動もありますが、旧姓から新姓に変えたそうですね。

 

さおたん:婚姻届を出した6年前に遡りますね。二人で新しい家庭を作る時(私が26歳の時、夫は24歳)、ライフプランを確認する中で、苗字についても一応、確認した記憶があります。でも、その時はお互い”女性は夫側の姓になる”と言う一般常識に疑問を持ちませんでした。結婚前の挨拶の時も、私も親も、よっぽどの事情がなかったので、姓について確認はしませんでした。結婚の話がこじれても嫌だし。その後、私は自分の名前を塗り替えていく作業があり、その中で「神田沙織がいなくなっちゃう」という寂しさを常に感じていました。

 

編集部:以前、取材を受けていただいた時は神田沙織さんでご紹介していましたね。ビジネスネームで旧姓を残した?

 

さおたん:個人のプロジェクトは旧姓で活動していました。アパレルの仕事をしていた時はパブリックとして新姓、個人プロジェクトの「ものづくり系女子」(製造業から世の中へ3Dプリンタなどのテクノロジーを発信する)は旧姓…… と使い分けていたのです。その後、アパレルを辞めて夫と起業した時はビジネスでも旧姓に戻しました。取材してもらった時は、ちょうどその頃でしたね。

 

編集部:最近の記事では平本沙織さんでお見かけしますが、それはどうして?

 

さおたん:今年に入って、ソーシャルアクティビストとして活動する中、メディアに取り上げてもらう機会が増えました。その中で(特に新聞社は)「戸籍名を教えてください」と聞かれます。それも記事の内容が、家族の話だったりすると夫と子どもは”平本”、私は”神田”となる。「事実婚ですか?」とか毎回聞かれても説明するのも面倒だな…… となり、結果的に平本沙織で活動することを受け入れることに。それでもやっぱり旧姓も残したいので、名刺にはアルファベットでSaori Kanda Hiramotoと入れています。

 

一同:そういうことで新姓だったんですね。なるほど。

 

さおたん:過渡期の今だからこその話ですよね。

 

編集部:有子さんはここ1ヶ月前に新姓の”斎藤“から旧姓”隈“に戻されましたね。これまた、どうしてですか?

 

隈有子(くまゆうこ)さん(以下、有子さん):実は、自分の旧姓である”隈”が好きじゃなかったんです。今では隈研吾さんのおかげで認知されましたが、それまでは「すみさん」と読まれたり「熊さん」と書かれたり。「クマです」と答えると「え? 本名は?」「それってハンドルネームですか?」とか、毎回聞かれるのです(苦笑)

 

一同:それは困るかも!(笑)

 

有子さん:そんな私にとって、夫の姓である”齋藤”はごくごく一般的で、とても惹かれる名前だったのです。だから転職を機にビジネスネームを「齋藤有子」に変えました。でも転職がなかったら変えていなかった、と思います。

 

編集部:この度、また旧姓の”隈”に戻したのはどうして?

 

有子さん:単に”さいとうゆうこ”がありきたりすぎて(苦笑)

 

一同:えー! そこ?(笑)

 

有子さん:FBは見つからない…… は日常茶飯事。マモルというベンチャーを立ち上げたのに「なんだ? そのインパクトのない名前は」と夫をはじめ、ビジネスの助言をしてくれる周囲の人たちがみんな言うのです。「隈有子の方が、絶対いい」って。

 

一同:確かに、使えるものは使った方がいい(笑)

 

有子さん:なので気軽な気持ちで変えました。マモルの仕事は”隈”、以前からの仕事の時は”齋藤“と、二つの名前を併用しています。久々に連絡する人には「(齋藤か隈か)どっちだっけ?」って混乱しますが……

ビジネスネームを変えて実感、名前を変える=結婚or離婚に直結

編集部:変えたことで周囲の反応はどうでした?

 

有子さん:なんだか、すごく気を使ってくれます(笑) 気軽な感じで変えたのに、離婚と思った方も多かったみたい。みなさん多くは聞かず、変更を伝えたその日からメールでもなんでも、きっちり「隈さん」って書き換えてくれます。

 

怜子さん:ビジネスネームとして名前を”選択した”という認知度が低すぎるのと、新たに事実婚などの認識も増えてきていますからね。何よりも、離婚=マイナスイメージが根強い……

 

さおたん:そうそう、日本って苗字を変える=結婚or離婚に直結してしまう。同じ名前の変化なのに、1回目の変更(結婚)はポジティブだけど、2回目の変更は勝手にネガティブに思われてしまう。

 

有子さん:あと仕事がいじめの課題解決なので「親子関係がわからないように配慮でしょ」と思った方もいらっしゃいました。正直、そこへの配慮ではなかったのですが(苦笑) 今から5年ぐらいすると、きっと旧姓の併用も当たり前になっている時代が来るのではないでしょうかね。

本籍名と違うことで生じた、システム上のトラブルは数知れず……

編集部:旧姓、新姓、使い分けていたことで困ったことはありますか?

 

さおたん:以前、仕事用の航空券を購入した時のこと。本人確認で電話があった時に「平本ですが」って電話に出ると「え? 神田さんではないですか?」とトラブルになったことがありました。

 

編集部:航空会社はテロ対策等ですごく厳しいですからね……

 

さおたん:私としては、旧姓を使い続けることを大切にしていた。そんな中、葛藤もありながら新姓に変えた時だったので、まだこんなことが付きまとって来るのかって! 向こうもビジネスですが、社会のシステムに乗れていない=拒絶された気分でした。そこに多様性というか、そういう人への対応策がなされていない。結局、会社の代表である夫が、電話口に出て解決したのですけど。でもそれって「私では解決できません」ってことですよね。世間にまだまだ浸透していないと、やっぱりつまらない思いをさせられます。

 

有子さん:そう言うトラブルがあるんですね。私も認識しておこう……

 

さおたん:あと、法人のクレジットカードを作る時に「(仕事用なので)旧姓で作りたい」と色々カード会社に問い合わせたら、アメックスだけがビジネスネームでも作らせてくれました。無事、旧姓で法人カードが作れたら、今度、会社用の携帯を契約しようと手続きで「契約名義とクレジットカードの名義が違うから使えない」って! ずーっと付きまとってくるんです。

 

怜子さん:まだ、会社によって対応がマチマチってことですよね。でも、そこって企業メッセージとして捉えられますよね。私の場合、会社の代表になった時に、個人を証明する時や印鑑を押す時に身分証明が必要になりましたが、商業登記も2015年から旧姓併記ができる様になった(法務局HP)ので、今では困ることはありません。会社の登記は絶対、併記しておいたほうがいい。パスポートも今年から旧姓併記できるようになりましたから早く書き換えたいです(外務省HP)。

 

さおたん:あ、そうそう。一つだけいい話がありました。以前、総務省の「異能vation」に採択され3Dプリンタの研究をした時のこと。旧姓で続けていたので、新姓で出されちゃうと研究が繋がらなくなっちゃうので、旧姓での発表をお願いしたら柔軟に対応してくれました。が、苦肉の策で本来、平本で入るはずの“は行”のところに”神田沙織”と入っていました(苦笑)

 

編集部:少しずつ変化はしているけれども、まだまだ追いついていない様子ですね。いろんなところでみんなが困っているのでしょうね。

名前=信用、名前が変わることで途切れてしまう自分の履歴

編集部:システム上の手続き以外でも困ったことはありましたか?

 

有子さん:仕事につながる場面では、名前が変わっていることが阻害の要因になる時があります。「隈有子(くまゆうこ)さん知ってる?」「誰それ?」となると困るのです。知っている名前=信頼につながるので。

 

編集部:先ほどのさおたんの異能vationの話もそうですが、研究職の方は論文発表の時、名前が変わることで致命傷になる、という話題はよく聞きます。研究職でなくても、過去の仕事が途切れるのは困りますね。

 

さおたん:私も以前、法的な場にでた時にありました。私の仕事上の実績を証明する時に「(私の活動を新姓で)周囲にヒアリングしたけれども、その業界では知られていません」みたいに言われて。私が旧姓で活動していたのを、あえて弱点として利用されたのです。

 

編集部:えー! それはひどい!

 

さおたん:本当に頭が沸騰するぐらい憤りを感じました。そういう風に弁護士がついてくるんだって。結果的には私たちに有利な結果にはなりましたが、このことで別に裁判起こしたいと思ったぐらい、すごいハラスメントだった。

 

編集部:確かに。男性には起こり得ないこと。

 

怜子さん:そこまで大きな話ではないですが、途切れると言えば、保険証は戸籍名に変わるじゃないですか。そうすると、これまでの健康診断の履歴が途切れるんです。過去のデータを見たいと思っても、カルテがない。

 

さおたん:それも途切れるの? それこそマイナンバーでしょ?!

 

怜子さん:ですよね。年金手帳も名前を変えないといけないし…… それにしても情報やアナウンスがなさすぎる……

 

編集部:そうですよね。早く紐付けの整理をしてほしい。ポイントより先に…… ちなみに住民票やマイナンバーも平成31年より旧姓併記が可能になっているので、旧姓証明に使えるようになっています。(総務省HP

 

怜子さん:会社の登記や研究職の論文もそうですが”女性”という前提が、昔はなかったのでしょうね。我々は今、実際に体験しているからわかることですが、もっと情報として発信されるべき。

 

さおたん:最近お会いする人にはミドルネーム的に旧姓を伝えています。名前や自分の姓をどう名乗るか、考えるきっかけにもなればと。

 

有子さん:旧姓に戻した経緯を友人話した時に「名前のことを他人に言われること自体、イラっとしない?」って言われて。そっか…… 名前に対する考え方、捉え方って様々ね、と思いました。夫婦別姓じゃないからこういう意見が出るんだなと思って。さおたん、私達は二つの名前を持っていきましょう!

 

編集部:名前を使い分けるって良いと思います。後編に続きます!

自分のアイデンティティを表明している名前。そこに制度やシステム、人々の認知が適応できていないが故、生じる小さな障壁がたくさんあるんだなぁと、改めて思い知らされました。それにしても、それぞれの名前についての考え方、三者三様あってどれも興味深いものでした。自分の姓にしっくりきていない人、あまり考えてこなかった人、これから姓が変わるかもしれない人…… 今一度、姓について考えるきっかけになれば幸いです。後編も白熱したトークが続きます。お楽しみに!

平本沙織さんプロフィール
ソーシャルアクティビスト。日本女子大学家政学部家政経済学科卒業。女子大生から丸の内OL、2度の転職と夫婦起業を経てソーシャルアクティビストとして活動。
2016年生まれの息子を持つ。3Dプリンタ専門家、拡張家族実験プロジェクト「Cift」メンバー。
2017年「雇用関係によらない働き方と子育て研究会」発起人 
2018年「子連れ100人カイギ」実行委員長 
2019年「子どもの安全な移動を考えるパートナーズ」代表。満員電車や公共交通機関でのベビーカーや子連れの安全のために1,000件規模の実態調査アンケートを実施。小池百合子東京都知事に要望書を手渡し、都営大江戸線に子育て応援スペースの導入を実現。
HP:平本沙織HP
隈有子(くまゆうこ)さんプロフィール
株式会社マモル代表取締役CEO。福岡県出身。大学を卒業後、カーナビメーカーやIT企業数社でコンテンツ企画、マーケティングを経験。2007年勤務の傍ら、東京大学大学院情報学環コンテンツ創造科学産学連携教育プログラム4期生に所属。自身の強みであるWebマーケティングのノウハウを活かし、いじめや組織のハラスメントをITで早期発見する株式会社マモルを設立。
HP:株式会社マモル
三好怜子さんプロフィール
株式会社ノヴィータ 代表取締役社長。広島県出身。お茶の水女子大学在学当時に100人の経営者に話を聞き、経営者という働き方に興味を持つ。2005年3月に大学卒業。2006年、ノヴィータ創業時の立ち上げメンバーとして参画し、WEBディレクターとしてWEB制作の企画営業・進行/品質管理を担当。WEB制作受託営業で常にトップ成績を収める。2010年に取締役に就任し、風通しが良く女性が働きやすい環境への整備を推進、業績拡大に大きく寄与した。2015年3月に代表取締役社長に就任。
HP:株式会社ノヴィータ

ワーママを、楽しく。LAXIC

文・インタビュー:飯田りえ

求人情報

時短勤務可!シェアオフィスの営業管理 

株式会社アクトコールでシェアオフィスの営業管理のお仕事となります。
契約獲得の後に発生する手続きなどをご担当いただく予定です。

詳しく見る↓

勤務地
品川
勤務時間
9:00〜18:00
報酬
応相談
条件
若手社員の教育や1人称で作業も行えるくらいの能力を持たれている方を希望しております。イメージとしては大手不動産会社でバリバリ手続きや部下をもっていた方などが理想的です。

話をきいてみる

↑閉じる