「円満離婚しました!」という元夫婦に聞く
それぞれの夫婦のカタチ、パートナーシップの見つけ方

ラシク・インタビューvol.135

板井恒理さん

安井亜希さん

4月、突然FBのタイムラインに流れてきた「離婚しました」の文字。そして離婚届を手に、両者共に充足した笑顔。「ん?」一瞬目を疑い、理解するのに時間がかかってしまうこの状況。


「10年間の結婚生活を経て離婚しました、いわゆる円満離婚というやつです。」
(板井恒理さんのFBより)

「愛すべき元旦那!!!ありがとう、あなたに会えてほんとによかった!!」
(安井亜希さんのFBより)


彼らの投稿を読み進めると、不仲で別れたわけでもなく、引き続き一緒に事業も続行。住まいが別になる、以外は生活も大幅に変わることなく、子どもたちもこれまで通り二人で愛情を注いで育てていくそう。

じゃあ、なぜ別れたの? 子どもたちは?
夫婦という形ではない、新しい関係性ってこと?
もしかして、自分たちだけのパートナーシップを見つけた?

疑問が次々と湧き上がる一方で、自分の中で「夫婦はこうあるべき」姿に囚われていることに気がついたのです。

夫婦である以上、一緒に住んで、お互い協力して、子どもたちを一緒に育てる。そこにお互い、様々な自己犠牲があったとしても「夫婦だから」「家族だから」と蓋をしてはいないだろうか? もし蓋をしていたとしたら、どこかに歪みが出てしまうのでは……? その「あるべき姿」を維持するために生じる歪みって、なんの意味があるのだろう。

では、このお二人はどうやって円満離婚をして、新たなカタチにたどり着いたのか。
この二人の答えなので、ほかの人が聞いても参考にはならないかもしれません。そもそも、夫婦について他人がとやかく言うことでもありません。ただ、この写真の笑顔のワケを知りたい、その一心で板井恒理さん、安井亜希さん元夫婦にインタビューをお願いしました。

タイプが違いすぎる二人、でも分かち合うことを諦めたくなかった

編集部:FBではとにかく驚きましたが、まず10年間の結婚生活に終止符を打たれた経緯を教えてください。

 

安井亜希さん(以下、敬称略。安井):今でも試行錯誤の連続ですが…私たち、タイプが全く違うんです。でも、お互い圧倒的なリスペクトがあり、根の部分で大事にしていることは同じでした。仲も良かったので、9歳、7歳、4歳、1歳の四人の子どもにも恵まれました。

 

離婚前最後のお正月、安井さんの実家・篠山にて

編集部:え! 四人もいらっしゃるんですか?

 

安井:はい、もともと私たちは夫婦として仲が悪かった、という訳ではないんです。ただ、タイプが違い過ぎるから、分かち合えないことを分かち合う、そうだよねってなりきれない、そんな嘆きもあるんです。

 

編集部:分かち合えないことを、分かち合う…… なんとなくわかります。

 

安井:例えば、私がホロスコープや数秘術にのめり込んだ頃、彼はホロスコープの“ホ”の字や、数秘術の“す”の字が出ると、機嫌が悪くなっていたんです(苦笑)

 

板井恒理さん(以下、敬称略。板井):自分は昔から理屈っぽい人間で、理屈で説明できない「宇宙」「エネルギー」みたいな話は全く受け容れられないタイプ。ただ、家でも仕事でも安井さんから話される内容が、全て意味不明なんで(苦笑)

 

安井:自分の世界観を押し付けたい訳ではないけど、私はこの人と分かち合うことを諦めたくなかった。当時も離婚がちらついたけれど、「ここで別れたら分断になるから、今じゃない」って。

 

板井:でも彼女が僕との関係性を諦めずにきてくれたことで、自分にも変化がありました。

 

安井:去年の6月、経営者向けにリーダーシップ講座を半年間かけて開催したのです。これまで誘っても見向きもしなかったのに、板井さんが受講生として来てくれたんです。それで「ようやく分かち合えるようになった! 本当に見たい世界が見えてきた……!」って思ったら、この人とやりたいことが一つ完了した、役割が終わった、次に組むとしたら違うカタチだと。

 

板井:僕に足りなかった部分を彼女が届けてくれたので、大いなる感謝はありますね。ただ僕は「夫婦の役割に終わりってある?」と。夫婦は「学習し続ける関係」が理想だと思っていたので。今では「学習しすぎた元夫婦」って呼んでいます(笑)

 

安井:……それ、最高におもろいな(笑)!

「自分を解放」したい妻、「学習し続ける夫婦」を望む夫

板井さんの会社Credo Ship.の打ち上げにて

編集部:そこから具体的な話にどう進みましたか?

 

板井:離婚の話が出たのは今年の1月ぐらい。僕の仕事も忙しくピリピリしていた一方で、彼女は週末、沖縄にバリに東京に。仕事なのか、何をしているかよくわからない状況で(苦笑)

 

編集部:そこは気になりませんでした?

 

板井:本当に気にならなくて「なにか大切なことがあるんやろなぁ」って思っていました。昔だったら「その仕事の事業計画出して」って言っていましたけどね(苦笑)

 

編集部:普通そうなりますよ…… そんなピリピリした1月があった。

 

板井:そう。1月末にある仕事の打ち上げをしよう、と二人で飲みに言ったんです。その時に安井さんから「離婚を視野に入れて話をしたい」と申し出がありました。

 

編集部:え! そこで突然? 驚かれました…… よね?

 

板井:びっくりでしたね。理由は「役割が終わった」と「自分を大解放して生きたい」の2点張り。仕事で僕がイライラしているから、自分が解放できないって意味だと思います。

 

安井:いやいや、それは共同創造なので! 私は私で、ビビってるのを理由に自分を抑えてたっていうことですよね。“耐えてるロール(ポジション)”が得意だったもので(笑)

 

この仕事の後の打ち上げにて、まさかの離婚に向けての話し合い……

板井:それ以来、週1回2時間半ぐらいの対話を6回続けました。

 

安井:その頃は特にお互いのエネルギーを奪い合っていました。そこは愛ゆえの部分もあるのですが、こんなハチャメチャな私を彼は「いいよ」って言ってくれている、心から思ってくれている、だけど受け入れるには少しエネルギー使わないといけない。

 

編集部:エネルギーの奪い合い、ありますよね。夫婦は共通なことが多いから。

 

安井:彼自身も子どものこと、お金のこと、私のことも背負ってくれている。そこから解放されたらもっと楽になるだろうな、って。お互い相手のことも自分のことも、うまく循環していくんじゃないかなって思ったのです

 

板井:離婚して2ヶ月ですが、彼女の羽ばたき感はすごくありますね。今もまだ言語化できていませんが、暫定の離婚理由を言葉にすると「お互いがお互いに自立を求めた」ですね。

 

安井:「お互いがお互い魂の大解放」です。

 

板井:この表現の違いの世界観を是非、理解してほしいですね(笑)!

 

編集部:なるほど……! この違いですね……!

10年間伝えてこなかったこと、そして受け止めてもらえたこと

10年前の婚姻届提出の時

編集部:全6回の話し合いはどんな様子で?

 

板井:僕にとってはじめの方は絶望的な感じで…… 何度か泣きました。

 

安井:私は過去に感じていた「痛み」について彼に伝えました。彼はロジックが強いので、何かを言っても「でもな」ってすぐ論破されてしまうのです。私は言われたことに対しても「全て意味がある」とプラスに受けとっていたんですが、本当はそんな言われ方をしたくなかった。でもそのことを「嫌だ!」とも伝えてこなかった。今思えば、自分に対する冒涜でしたね。

 

板井:僕は問題解決思考が強いので、一つ一つ解決をしたいタイプで。でも10年間、僕がそうやって彼女を傷つけてきたこと、彼女が辛かったこと、初めてちゃんと耳を傾けたと思います。この対話中はただ、受け止めるだけでした。

 

安井:この時はただひたすら受け止めてくれて、全てが報われた感じがしました。分かち合うことを諦めなくてよかったと。

 

編集部:板井さんはどんな話をされました?

 

安井:「学習する夫婦」の話をしてくれました。夫婦でいる意味ってなんだろう、みたいな。

 

板井:それも最終的に望む自分のあり方に近づいた感覚があって。僕一人だとたどり着かなかったと思いますし、我慢強く向き合ってくれた人がいたからこそ、近づいたのだと思います。

 

安井:「この人と分かち合いたい」と思うことに理由はないんです。でも、この目の前の人と分かちあえなくて、他の誰かとなら分かち合えるの? って。もしこの人と分かち合えたなら、世界中の人と分かち合えるだろうなと。

 

編集部:では最終的にどのように着地したのですか?

 

板井:6回の話し合いを通じて、僕の中で夫婦という、ある種の”当たり前”が横たわっているせいで「(安井さんが不在だから、僕が)子どもを見なければいけない」という感覚があることに気づきました。その時、もし僕と離婚したら「(安井さんが不在なおかげで、僕は)子どもとの時間が取れる」と思えるのでは? と気づいたのです。最後、僕から離婚を告げました。

ピリピリがなくなり、子どもたちとパパとの関係性はマイルドに

編集部:お子さんたちにはどのタイミングで説明を?

 

板井:5回目ぐらいに対話している時に、9歳の長男に「パパ、いなくなるかも」と伝えると「そうなん?!  ……まぁええで。怒ったら怖いし!」と。これ正直辛かったですね(苦笑)

でも長男、一人で暮らしの家によく遊びに来てくれるんです。「寂しいやろうから、一緒に寝たろか」みたいに。

 

編集部:いい話ですね。ほかのお子さんたちには?

 

板井:6回目の対話の後に、長男・長女の合同誕生会があって、最後に「お父さんとお母さんは離婚します!」と言いました。

長男は「離婚ってなんなん?」「卒業かな」「うーん、せやろな。パパとママ全然違うし」。すると小1の長女が「二度と会わなくなるの?」「お互いが嫌いになって別々になることではないし、君たちは僕たちの子どもには変わらないよ」と説明しました。

 

合同誕生会。子どもたちに離婚報告をした直後の写真

安井:子どもたちには「お互いが違うタイプだから別れるんじゃない」と伝えています。長男長女は、気が向けば料理も作ってくれます。親が二人とも規則的とは言えない生活をしていることもあり、両親や素晴らしいスタッフ、子供たちの友達のご家族や同じマンションのご近所さんまで、色んな人に助けていただきながら生活しているのが現状です。先日は彼の家に私含め全員泊まりましたし、もう決まった型はない感じですね。

 

編集部:全員で! いいですね。お子さんとの関係に変化はありますか?

 

安井:パパとの関係はすごく良くなったと思っています。これまでは彼がイラっとして子どもたちが萎縮する感じでしたが、今は怖さがなくなったので、前よりずっと良い関係性に。

 

板井:物理的に子どもたちとの時間はほぼ変わっていませんが、子どもがものすごく健やかになったと思います。僕らがピリピリしていると、子どももピリピリしていて。非常にマイルドになりました。

夫婦の肩書きをとったら、愛と尊敬と応援だけが残った

編集部:これからのお二人は?

 

板井:自分自身は単純に一人暮らしいで寂しいのですが(笑)とにかく「仕事を頑張ること」が大事なのは変わらないです。安井さんには傍らで彼女の生き方を応援する人がいた方がいいと思うので、願わくは、こういう関係性を認めてくれた上で、相手にもパートナーができ、僕にもパートナーができ、輪が広がり続けるといいなと思います。

 

安井:誰かが我慢して相手に合わせるとかではなく、子どもたちもみんなそれぞれがやりたいようにやって、それがバランス良ければベスト。地域も、境界線もどんどん飛び越えてほしいし、家族だからとか、夫婦だから、母親だから…… ではなく、自然の流れの中でつながりを大切にできたらいいなと思います。

板井さんのこともより大切になりましたし、この人が見る夢を見たいなとより思うようになりました。夫婦の肩書きの中で要らないものだけ持って行ってくれた感じです。人としての愛とかリスペクトとか、応援とか、そういうのが残ったねって。

 

編集部:すごい。愛と尊敬と応援が残ったって、最高ですね。これはお二人だからたどり着けた関係であって、誰もが当てはまるケースではないと思います。ただ、お話を聞いていて、私自身、夫婦でこんなに話し会えてないし、目の前にいる相手とも、自分自身とも、向き合えていないと感じました。

 

板井:そうですね。実際に、僕たちの離婚報告に対する反応が2パターンあって。「既存の枠を乗り越えた新しいパートナーシップだねって」っていう反応と「子どもがかわいそうじゃない? ありえなくない?」という反応と。

やはり僕の中では、このあり方が誰にも当てはまるような正解でもなければ、ましてや「新しいパートナーシップのあり方だ」とドヤ顔をして言いたい訳でもなく、それぞれの夫婦にそれぞれの答えがあって、互いに対話を重ね、向き合った先でのたった一つの真実しかないと感じていて。

前者の反応に対して思うことは、制度とか、仕組みとか、夫婦のあるべき姿みたいな「いわゆる既存の枠」ってあるようでないので、そこに振り回されず、目の前の相手との関係性に向き合い続けることがめちゃくちゃ大事だって伝えたい。さらに、相手に対して「何をしてあげるか」「どうあるべきか」の先に、ただ「相手のことが愛せていると幸せ」って思えるのがベストですよね。

後者の反応に対しては、それだけ多くの人が自分たち夫婦の関係に対して、悩んで、戦って、苦しんでいるからこそ、受け入れられないものがあるんだろうなと感じています。その戦いを自分たちに投影してしまうのかと。僕はそうやって子どもとパートナーのために日々頑張っている事に対して、全ての夫婦に大いなるリスペクトがあります。だからこそ、問題解決よりも先にとにかく向き合ってみて欲しい、と感じます。夫婦とは「子どもを守るべき」という考え方だけが語られ仮面夫婦化しつつも一緒にいる、そんな着地をしているケースも少なくはないと思います。互いが愛し合って始まった夫婦関係なら、色々問題があっても向き合う中で違いを理解し、進化し続けている自分たちの愛情に気づけるんじゃないかと思います。偉そうなことを言うつもりは更々ありませんが、そうであったら素敵だなって、思います。

 

編集部:その夫婦にしかわからないカタチ、そこにたどり着くには自分たちで向き合うしか方法はないのですね。それにしても、うちは対話が少なすぎるかも……

 

安井:大事なことって、意外と対話できていないと思います。私たちが正解! とかではないので、私たちが私たちである姿に触れてもらった時に、感じていただけることがもしあれば、ご縁ある方ですねという感じで(笑) 私たちにとって大切なことは、支えていただいている方達への、ありがとうの気持ちを忘れずに生きていくことですね。

 

編集部:確かに。自分の足りなかったところが見えてきました。ありがとうございました!

離婚後、次男くんの誕生日パーティー

写真:お二人より提供

やはり、今回のお二人の円満離婚が、そのまま他の夫婦には当てはまらないと思います。ただここに至るまでの向き合い方というのは、とても深く考えさせられました。自分はここまで相手と真剣に向き合って、分かち合う努力をしてきたかどうか。「すべては分かり合えない」「考え方が違う」「所詮、他人」そう言って諦めていなかっただろうか。そして、いつの間にか「夫婦ってこうあるべき」という型にはまり込んで、相手との理想像を追い求めるでもなく自己処理して、単に型を共有しているだけになっていないか…… ということに気付かされました。

「夫婦だから」ではなく「私たちはこうしたい(から夫婦でいる)」を常に模索し続けていく(まさに板井さんのおっしゃる「学習し続ける夫婦」ですね)。そのカタチを見つけるためには、お互いの違いを認め合い、とにかく対話をし続けること。これに尽きるのだと思います。こうして見えてきたカタチが、それぞれのベストなパートナーシップのあり方になるのだと。まずは自分たちに置き換えて、自分と、相手と、しっかり向き合っていきたいと思います。夫婦って、聞けば聞くほど面白いですね。

板井恒理さんプロフィール
京都でキャリア教育や企業研修、コンサルティング、マーケティング支援システム(AI)の開発等をしている株式会社Credo Ship.代表(安井さんは役員として続投)。Plan.C LLP(有限責任事業組合)発起人・職務執行者。
HP:
安井亜希さんプロフィール
「いただいた命のバトンを次世代に繋ぐ」をモットーに、環境活動・神社復興・ワークショップや講演会企画等を行うLife DANCE主宰。NPO法人full bloom.代表理事、米国CTI認定プロフェッショナルコーチとして企業研修や経営者のコーチングなども行う4児の母。
HP:

ワーママを、楽しく。LAXIC

文・インタビュー:飯田りえ(文・構成)、石根友理恵(インタビュー)

求人情報

時短勤務可!シェアオフィスの営業管理 

株式会社アクトコールでシェアオフィスの営業管理のお仕事となります。
契約獲得の後に発生する手続きなどをご担当いただく予定です。

詳しく見る↓

勤務地
品川
勤務時間
9:00〜18:00
報酬
応相談
条件
若手社員の教育や1人称で作業も行えるくらいの能力を持たれている方を希望しております。イメージとしては大手不動産会社でバリバリ手続きや部下をもっていた方などが理想的です。

話をきいてみる

↑閉じる