産後1ヶ月がうつを防ぐカギ 産後1ヶ月の乗り切り方

近年、産後うつの増加とともにそれに関する研究が多くなされるようになりました。そこで、明らかになったのが、産後2週間後がママの不安がピークであり、産後うつの発症率は産後1ヶ月以内が一番高い。つまり、2週間後の不安のピークから徐々に産後うつになっていくケースが多いということです(※)

今回は退院から1ヶ月検診までの乗り切り方をご紹介したいと思います。

(※)参照:NHK

2週間検診ってなに?

c_15_2_1
以前から退院後から1ヶ月検診までのサポートはいくつかあり、前回のコラムで紹介した産後ケアセンター、産院・助産院での日帰りや連泊宿泊、保健師や助産師による電話相談や訪問などがあります。

さらに近年、産後ケア事業として積極的に取り組まれているのが、2週間検診です。上記の研究結果を受けて、平成29年4月以降、産後ケア事業を行う一部の自治体において産後健康診査(産後2週間、1ヶ月などの2回まで)が公費補助されるようになりました。それをうけて、日本産婦人科医師会では2週間検診の産後の健康診査の内容について以下のようにしています。

 

産後健康診査の目的:

  • 母親の身体的な経過の確認を行うこと
  • 母親の心理状態と対児感情を把握して必要に応じたケアを実施すること
  • 児の発育の状況を把握すること
  • 必要性に応じて育児支援体制(子育て包括支援センター、産後ケア事業、精神科、小児科などとの連携)を考慮すること

 

具体的な内容:

  1. 問診(母子のおかれている環境、母親の睡眠の状態、母親の抑うつ不安と児に 対する情緒的な絆についての心理状態の評価*など)
  2. 母親の身体的な産後回復の確認(体重・血圧・尿蛋白・尿糖、子宮復古、悪露、 乳房の状態の確認など)
  3. 授乳を中心とした育児相談
  4. 児の体重測定等による児の発育チェック(栄養状態)
  5. 児の黄疸チェック
  6. 母親の状況に応じたケア(理解と共感をもち傾聴)とその後の支援体制の検討。評価にはエジンバラ産後うつ病質問票(EPDS)や赤ちゃんへの気持ち質問票などが活用できる。

また、このほかに退院後の外来として、授乳の相談をメインにした母乳外来というものもあります。

わたしたち親子ためのオーダーメイドの授乳方針

退院して様々なことで悩むと思いますが、私自身が、よく受けるのは授乳の相談です。「赤ちゃんが飲めているのかわからない」「ミルク足した方がいいのかな」などなど。

では、産院では、授乳に関してどのようなことを伝えているのでしょうか?

 

まず、退院して困らないように、授乳方針を決めます。ここで大切なのは、ママ自身の希望に沿った授乳方針になっているか。スタッフは、赤ちゃんの体重、飲み方、ママの母乳の出具合いや身体的精神的な疲労状態、それに加えて赤ちゃんやママの性格、今後の復職予定なども考えて、その親子にあったオーダーメイドの授乳方針を立てます。

 

「私、母乳希望なのにミルク足してくださいって言われました」

そんなママもいるかもしれません。もし、希望に沿っていないのならば、何か理由があると思いますので、遠慮なく聞いてみましょう。退院してからは、入院中のように自分を看てくれたり、気軽に相談できたりする人はいません。なので、自分がどのような状態で、なぜ、この授乳方針なのかを、大まかでいいので理解しておくとよいと思います。

それに加えて、このまま母乳だけでいいのか、ミルクを増やした方がいいのかなどのサインがわかっていると、退院後に授乳を進めていく上での安心材料になるかと思います。

 

ただ、産後は身体的精神的疲労もあり、考えることや判断することが難しいこともあります。そのような時は、産院に電話して相談してください。必要あれば、受診を促してくれます。

また、産院から自宅が遠い・退院後からの里帰りなどであれば、近くの保健所や該当する都道府県の助産師会のHPに助産院一覧があります。いつでも相談できるように、事前に調べておくとよいと思います。

退院後、募っていく不安。その時、私が欲しかった言葉

c_15_2_2
私の産後はというと、帝王切開ということもあり、母乳の出はゆっくりでした。退院時もほぼミルクで母乳は注射器で取れる程度。2週間検診に来てくださいと産院側から言われました。出産は自宅近くでしたが、産院から車で1時間以上かかる実家に里帰りする予定だったので、距離的に2週間検診にいくことは難しい。「助産師だし、1ヶ月検診まで自分でどうにかなるだろ!」と思い、2週間検診の予約を取りませんでした。

しかし、退院して自宅に着いた途端、搾乳をして母乳を飲ませてミルクを足すということが、全くできなかった。産院ではできていたのに……

 

日中は母子同室、夜間は新生児室に赤ちゃんを預かってもらい、授乳の時に助産師さんが呼んでくれるという日々。呼ばれたら、すでに出来上がっているミルクを冷蔵庫から出して温めるだけ。他のママたちと「また授乳の時間一緒だねー!! 朝までがんばろうね」と言っている横で、助産師さんが授乳の状態を看てくれる。出産してからその環境が当たり前すぎて、実家に帰ってからの環境の違いに愕然としました。

 

父と母は、現役で仕事をしているため、夜間は睡眠を優先してもらい、手伝ってもらいませんでした。両親は、毎日温かいごはんをだしてくれ、息子を抱っこしてくれました。でも、日中は息子と二人きり。

「あぁ、ここには夜間預かってくれる人も、相談できる人も、励ましあう仲間もいない」睡眠不足も重なって、ミルクを作るためのお湯を沸かす時間さえにもイライラし、父にぶどうを投げつけたこともありました。

 

里帰りして1週間後。おっぱいが張るようになり、母乳がたくさん出るようになりました。「ミルクなしでもいけるかも! でも、産院の助産師さんにミルクは1ヶ月検診まで足すように言われたしなぁ」

こういう時にすぐに相談できる人がいないって不安だなと思いました。助産師なのに自信がなくて、インターネットで検索したりもしました。結局、里帰り先の子育て広場に電話して、近くの商業施設で行なっている育児相談を紹介してもらいました。

 

保健師さんから「この体重の増え方、飲み方なら、ミルクなしでもいいね。ママよく頑張ったね」と言われました。その瞬間、ふわふわした毛布にくるまれたようなほっこりした気持ちになりました。

 

初めてのことばかりで「本当にこれでいいのかな」という迷いながらの日々。保健師さんからの言葉は、アドバイスというよりそんな日々への労いの言葉でした。

「私はこの言葉がほしかった。認めてほしかった。安心したかったんだ」

 

安心した私は、さらに里帰り先での母とのことや、これから夫とどう生活していけばよいかも話しはじめ、とにかくたくさん聞いてもらいました。

「私、こんなに話したいことがいっぱいあったんだ」と自分でもびっくりしたのを覚えています。

家族間の問題を身内で話すと、その時はスッキリするのですが、話された相手にはそのイメージが定着してしまうし、心配かけてしまうんですよね。私は姉に話していたので、相当心配されました(笑)

 

私自身、1ヶ月検診前のどこかで専門家に話を聞いてもらう必要性を強く認識した出来事でした。

 

今回は、産後1ヶ月以内のサポートとして2週間検診を中心に紹介しましたが、1ヶ月以降も自治体により様々サポートがあります。自治体のHPを見る、あるいは母子手帳をもらった際、いくつか書類を渡されたかと思います。その中に、産後サポートに関する資料があると思うので、出産前に目を通しておくとよいと思います。

相談はママの安心を増やしていく

このコラムは、産後のうつを減らしたいと思って書き始めたのですが、何をどんなに伝えても、産後の不安というものはなくならないと思うんです。助産師で一通りのことをわかっている私でも、我が子のたくましい成長の日々は、私の想像をはるかに超えています。

 

初めてだからわからない。わからないゆえの不安。情報過多の世の中で、どんな情報が必要かわからないまま検索すると、情報だけがたくさん入ってきて、さらに不安は大きくなります。なので、困ったときは専門家に相談して、ただ聞いてもらいたいだけなのか、アドバイスがほしいのか、わからないことを明らかにしてもらいましょう。たくさん相談すればするほど「わからない」よりも「知っている」が多くなり、ママの「安心だな!」が増えていくと思います。

 

ママたちを支えている専門家や子育て支援者のみなさんは、「ママ、頑張っているね!」

そんな言葉でママを迎えてくれます。一度、足を運んでみて下さいね。

助産師の産後のケア現場レポ

伊藤 麻衣子

伊藤 麻衣子

助産師兼受胎調節実地指導員

産後うつで患者を亡くした経験から産前教育の必要性を強く感じ、産後うつを減らすために活動中。ブログ『新米ママ(姉)と助産師(妹)GOGO育児』http://ameblo.jp/go-go-ikujiでの情報発信や『世界のママが集まるオンラインカフェ(https://peraichi.com/landing_pages/view/sekamamacafehp)
で0歳児のママのおしゃべり会(埼玉県の小川町店)を開催している。プライベートでは2回の流産を経て、出産。6ヶ月になる息子の育児に奮闘中。東京お台場から埼玉県の小川町に引っ越し、ゆったりとした町の時間を家族3人で楽しんでいます。

求人情報

時短勤務可!シェアオフィスの営業管理 

株式会社アクトコールでシェアオフィスの営業管理のお仕事となります。
契約獲得の後に発生する手続きなどをご担当いただく予定です。

詳しく見る↓

勤務地
品川
勤務時間
9:00〜18:00
報酬
応相談
条件
若手社員の教育や1人称で作業も行えるくらいの能力を持たれている方を希望しております。イメージとしては大手不動産会社でバリバリ手続きや部下をもっていた方などが理想的です。

話をきいてみる

↑閉じる