編集部

の記事一覧

大企業での経験を糧に、地域おこし協力隊としていざ帰還
今、見据える先にあるものとは

2023.01.31

山形県の南西部に位置する飯豊町(いいでまち)は、面積の約84%を森林が占める緑豊かな町で、現在約6,500人の人々が暮らしています。「この町は可能性にあふれている」とまっすぐな目で語るのは、地域おこし協力隊として活動する ... 続きを読む

大企業での経験を糧に、地域おこし協力隊としていざ帰還
今、見据える先にある…

2023.01.31

「私らしさ」とは、相対的に見えてくるものかもしれないから
本質を考えるヒントや場を提供していきたい

2023.01.31

ラシクで編集デスクを務める、木村志帆(きむら・しほ)さん。2022年に編集チームにジョインし、記事の進行管理を行いつつ、この度のサイトリニューアルに向けても重要な役割を果たしてきました。   自身が率いるクリエ ... 続きを読む

「私らしさ」とは、相対的に見えてくるものかもしれないから
本質を考えるヒン…

2023.01.31

一般事務職から女性営業チームのリーダーへ。
長い仕事人生、新しいことにガンガン挑戦し続けたい!

2023.01.25

ものづくりを支える工作機械・機械工具およびその周辺のシステム導入から、住設機器、建材、暮らしを豊かにする生活用品まで幅広く扱う商社、株式会社山善で、協働ロボットを販売する女性ばかりの営業チームリーダーを務める藤原誠子(ふ ... 続きを読む

一般事務職から女性営業チームのリーダーへ。
長い仕事人生、新しいことにガ…

2023.01.25

「ワークもライフも諦めなくていい」
ラシク編集長・小山佐知子が感じる社会の変遷と、働くことへの思い

2022.12.28

2023年2月、このWebメディア「LAXIC(※以下、ラシク)」は、コンセプトも新たに生まれ変わります。2015年にローンチして以降、ラシクは自分らしく働きたいママをはじめとした女性に向けて、さまざまな情報を発信すると ... 続きを読む

「ワークもライフも諦めなくていい」
ラシク編集長・小山佐知子が感じる社会の…

2022.12.28

家庭から消えることのない「大嫌いな家事」と
折り合いをつける5つの方法とは

2022.12.16

イベントがめじろ押しの年末。家庭内では「大掃除」というイベントが控えていますよね。一方で忙しい日常を送っている人たちからは「大掃除は大変だからやりたくない」という声も聞こえてきます。もし、大嫌いな家事がある場合には、一連 ... 続きを読む

家庭から消えることのない「大嫌いな家事」と
折り合いをつける5つの方法と…

2022.12.16

働きがいを高めるカギは理念への共感にあり!
地方における「働きがいのある会社」優秀企業に選出された株式会社ミクセルの取り組みとは

2022.12.09

10年かけて広がってきた共感の輪 「わが子と同じように部下と接すること」を幹部に共有 編集部:はじめに、展開されている事業について教えてください。   島幸司さん(以下、敬称略。島):会社のテーマとしては、「長 ... 続きを読む

働きがいを高めるカギは理念への共感にあり!
地方における「働きがいのある…

2022.12.09

首都圏で働きながら地方副業! 移住も視野に地域と関わる方法

2022.11.30

リモートワークの浸透とともに、「場所を選ばない働き方」が広がってきました。総務省が令和4年11月15日に公表した移住相談に関する調査結果によると、令和3年度における全国の移住相談受付件数は、過去最多となる約324,000 ... 続きを読む

首都圏で働きながら地方副業! 移住も視野に地域と関わる方法

2022.11.30

自立した人材を育むデジタルホールディングスグループ
多様な働き方・キャリア形成を実現するプロジェクト「働き方のタネ」とは

2022.11.18

「働き方のタネ」とは? 自立した人材を育むために誕生 編集部:デジタルホールディングスさんの事業概要について教えてください。   平田陽介さん(以下、敬称略。平田):当グループでは、デジタルシフト事業・広告事業 ... 続きを読む

自立した人材を育むデジタルホールディングスグループ
多様な働き方・キャリ…

2022.11.18

「時間主権」を取り戻す
労働時間を自ら選び、管理する働き方へ

2022.11.04

突然ですが、なぞなぞです。目には見えないけれどすべての人が同じ分だけ持っているもの、なーんだ?   答えは「時間」。1日が24時間なのは、年齢も性別も住まいも仕事も関係なく、誰にとっても同じことです。でも、時間 ... 続きを読む

「時間主権」を取り戻す
労働時間を自ら選び、管理する働き方へ

2022.11.04

ANA客室乗務員から秋田県大館市の地域おこし協力隊へ
変化をしなやかに受け止め前進する力

2022.10.26

新型コロナウイルス感染拡大により、大きな打撃を受けた航空業界では、多くの人たちが出向や地域活性化支援事業の担い手として、別の民間企業や自治体で働く取り組みを行っています。全日本空輸株式会社(以下、ANA)で客室乗務員をさ ... 続きを読む

ANA客室乗務員から秋田県大館市の地域おこし協力隊へ
変化をしなやかに…

2022.10.26

1 2 3 4 5 64