ママである自分を楽しもう!

ママになったのに孤独すぎた育休の日々

c_10_1_1
「あぁ、もうこんな毎日耐えられない!!」
5年前、初めての子育てに奮闘する中で、私が日々溜め込んでいた本音はこれでした。
私の目には何枚もフィルターがかかっているかのように「うちの子めっちゃ可愛い!」と思っていたし、それだけ、ムスコには愛情もたっぷりかけていたつもり。
それでも出てきた本音がこれでした。
「とにかくキャリアを積みたい。人と組織のためになる仕事をしたい」という想いで選んだ人事の仕事がちょうど楽しくなっていた頃に妊娠が発覚しました。
重度のつわりによりある日突然、緊急入院をしてしまい、2ヶ月の不本意な休職を経験。
その後も、ずっと体調が悪かったマタニティ期間を経て、なんとか無事に出産し、育休を取っている時期。私はとても孤独でした。
そもそも仕事人間だった私は、プライベートでも友達とは疎遠になっていて、近所に知り合いもいない状況でした。お互いに仕事人間であることが楽しかった当時の旦那は毎日終電帰り。日中話せる人と言えば、電車で1時間近くかかる都内に住んでいる妹か四国にいる実家の母と電話で話すだけ。
初対面が苦手だった私は、TVや雑誌で見かける「ママ友トラブル」や「公園デビュー話」に怖気づいて、児童館や公園には行くことができず、せいぜいベビーカーに子どもを乗せて、スーパーへ買い物に出かけるくらいの毎日。育休中に勇気を出して参加したのは、おうちサロンのベビーマッサージスクールのみという引きこもり状態。
息子はまだ話すわけでもなく、歩くわけでもなく、穏やかだけれど、刺激のない日々。
そんな時期に、出てきたのが冒頭のセリフです。
今思っても、悲壮感たっぷりで、完全に思い込みの世界に引きこもっちゃってますね笑
結局、そんな毎日から逃げるように子どもが1歳になる前に認証保育園になんとか預け、フルタイムで復帰しました。
その後は、育休中の孤独感を埋めるべく、しばらく仕事に没頭する時期が続くのですが、それはまた別の機会に…

私も息子を連れてママを楽しみたかったな…

c_10_1_2
その後、猛烈ワーママ時代を経て、ベンチャー企業での時短勤務に転職をした後、昨年の9月にコミュニケーションの専門家「コミュニケーションコーチ」としてフリーランスとなりました。
私が提供しているサービスコンテンツの一つに「マザーズコーチングスクール」というものがあります。
この講座の内容としては、「子どもの自己肯定感を高めるために、ママはどうやって関わればいいのか?」「コミュニケーション能力が高いオトナに育てるためには、何に気を付ければいいのか?」といった内容を主に0歳から6歳までのお子さんを持つお母さんを対象にお話ししています。

そんな私の講座を受講してくれるママたちは、育休中のママもいれば、専業ママもいるし、フリーランスのママもいれば、企業に勤務しているママもいて、みなさん同じママとはいえ、環境は様々です。
でも!
見事なまでにみなさんそれぞれが「ママである自分」を楽しんでいる!
興味があるセミナーやスクールに参加したり、資格を取ったり、勉強をしていたり、趣味を続けていたり、色々なコミュニティに積極的に参加していたり…
「ママになった自分だから楽しめること」にとても貪欲で、新しい友達やら知り合いもどんどん増やしているように見えます。
「ママになった自分」をなかなか受け入れられなかった私には眩しすぎるくらいに輝いて見えます!
私が新米ママだった当時の5年前はまだ、
「お母さんの用事に赤ちゃんを付きあわせるなんて…(ありえない)」とか、
「子どものためにお母さんが我慢するのは当たり前」
という無言のプレッシャーが満ちていた気がします。(私がそう思い込んでいただけかもしれないけれど)
「ママ会」なんてなかったし、「ママフェス」だって聞いたことがなかったし、SNSだって、ビジネスで使っている人が多かったように思います。
ママを取り巻く環境がママに優しくなってきているのも確かだとは思うけれど、
それでもママたちのアクティブさやしなやかさは素晴らしく、「あぁ、私もそんな風に赤ちゃんを連れたママを楽しみたかったな」という本音がポロっと出てきてしまうものです。

ママである自分を楽しもう!

c_10_1_3
女性は、社会人として自立してオトナとなり、結婚したら妻となり嫁となり、子どもができれば母となり。それでも「本来の自分」も存在していて…
と、いろんな役割をもつ場面がありますよね。
その増えていく役割に翻弄されることなく、いろんな役割を自ら楽しめる女性が増えるといいなぁと思っています。もちろん、私も含めて。
コミュニケーションを切り口に、
「私もママである自分も楽しいかも!」
そんな風に思ってもらえるようなコラムをこれから書いていければと思っています。
どうぞよろしくお願いします!

ママであるワタシも楽しもう!

金子志保

金子志保

コミュニケーションコーチ。1977年生まれ。学習院大学卒業。
ワーキングマザーとして、大手専門商社でのフルタイム総合職の長時間勤務とベンチャー企業での時短勤務を経験。「限られた時間の中で質の高い子育てをする為にはどうしたら良いのか?」と模索していた時にマザーズコーチングスクールに出会い、引っ込み思案で人前ではなかなか自分の意見を言うことができなかった息子が、「ぐいぐいと前に出ていき、自ら発言する」という変化が起こりはじめる。この経験からコーチングに魅了され、「日本に自己肯定感の高い大人も子どもも増やしたい」という想いで、フリーランスのプロコーチとして独立。現在は、ママがこどもの将来のためにコミュニケーションを学ぶ『マザーズコーチングスクール』と大切な人に手を伸ばせるコミュニケーションを学ぶ『トラストコーチングスクール』の認定コーチとして多くのママや働く女性たちに講座を開講中。5歳男児の母。

求人情報

在宅可!時短あり!書類作成業務  

国が提供する助成金・奨励金・補助金を取得する際のサポート業務です。

詳しく見る↓

勤務地
都内・在宅。週1~2社内MTG有。応相談 
勤務時間
月10時間~応相談
報酬
勤務時間による
条件
書類作成が好きな方。人事労務その他助成金に興味がある方。 社労士を目指している方も大歓迎です。

話をきいてみる

↑閉じる

役所への書類提出等のアシスタント   

月に数回発生する役所等への提出物の準備、申請等をお願いします。子育てを優先しつつ、ちょっとだけ働きたいという方にオススメです。

詳しく見る↓

勤務地
新宿
勤務日数・時間
変則的 役所への提出なので日中のみです。
報酬
要相談、時給での計算も可能
条件
社労士大歓迎。(実務経験ナシ、ブランクありもOK)法務部、総務部、人事部に所属していた方、法律が好きな方、詳しい方 社会保険労務士等の資格を目指している方

話をきいてみる

↑閉じる

時短可能!週3日以上スタイリスト職

1)お客様の好み等に基づいたお洋服選び
・お客様に登録していただいたお気に入りのアイテムなどの情報を参考にしたパーソナルスタイリング 

2)お洋服のスタイリングアドバイス
・お選びしたお洋服の着こなしのアドバイスを書いていただきます。
・お洋服1点1点に対するコメントの作成
・お洋服ごとの特徴や、お客様のコーディネートの参考となるアドバイスを書いていただきます。

詳しく見る↓

勤務地
本社/東京都港区虎ノ門4-1-20 田中山ビル9F ※転勤はありません。   
勤務日数・時間
実働6~8時間(シフト制)
・週3日以上勤務
・土、日、水、祝日は出勤必須となります。
・勤務時間は1日6~8時間と選択が可能 。
※土、日曜日はどちらか一方の出勤も可能です。
※残業は原則ありません
※シフト例:10:00~17:00、10:00~19:00 
報酬
時給1000円以上※能力に応じて昇給あり。
条件
・アパレルでの接客経験のある方、コミュニケーションを取るのが得意な方、基本的なPCスキルがある方(Excel、Wordが使える)

話をきいてみる

↑閉じる

ママ向けサービスの企画・調査業務   

新規で年末にオープン予定のママ向けサービスの企画や情報収集業務です。 Webからの情報をExcelや資料にまとめます。自宅にパソコンがある方であれば Excelのレベルは問いません。

詳しく見る↓

勤務地
都内・在宅。月1社内MTGを予定   
勤務日数・時間
応相談 8月~11月まで   
報酬
勤務時間による   
条件
新しいサービスを作り出す事に興味がある方であれば 経験は問いません。ブランクがある方でもOKです。 

話をきいてみる

↑閉じる

クライアントへのヒアリング業務    

サービスに興味があるとお問い合わせ頂いた会社さんへ伺い、資料を見せながらサービスの説明をして頂きます。   

詳しく見る↓

勤務地
都内・直行直帰 
勤務日数・時間
月10時間~応相談  
報酬
応相談
条件
人と話すのが好きな方。ノルマもなく空いた時間にできる仕事なので子育てをしながら有効に時間が使えます。   

話をきいてみる

↑閉じる