掃除の時間が惜しいから、特別な時間を使わない “ながら” 術

仕事もして、育児もして…となると、やっぱり気になる家事の時短術。
私も自分なりの時短術があります。いかに手間なく、それなりにできるかを考えていたら自然とやっていたことばかり。生活スタイルや性格がそれぞれ違うように、時短術も人それぞれと思いますが、 自分に合う方法を見つけるヒントになればと思います。

掃除は “ながら” が私の基本

c_8_3_1
家事の中でも特に掃除や片づけのために特別な時間を使うことを極力少なくするため、“ながら”作業を毎日行っています。例えば「料理しながらお風呂掃除、洗濯の片づけ、冷蔵庫掃除」、「朝のヘアケア時間にお風呂のカビキラー」、「トイレに行ったついでに便座をサッと一拭き」など。日によって“ながら”掃除の場所を変えています。
そして、“その日の汚れはその日のうちに”を心がけ、食事後の片づけの後はコンロも一拭きし、急な来客でも、掃除機をサッとかければ“それなり”のきれいさが保てるようにしています。
まとまった掃除は年1~2回位はしますが、大掃除も簡単にしかしません。保育園に息子を送り出した後はできるだけすぐに仕事を始め、お迎えまで全力疾走。毎日の“ながら”掃除で“それなり”のキレイさを保つようにしています。

とりあえずBOXを作る

c_8_3_2
ゴチャゴチャしたものは収納庫にしまいたい…と、隠す収納派なので、見た目がゴチャゴチャしないように隠すことばかり考えています(笑)。
それでもどうしても、保育園のお便りやチラシ、仕事の手紙など、気がつけば紙がどっさり。仕舞えるものはできるだけその場でしまうようにしていますが、すべてがすぐに仕舞えるものばかりではないですよね。そのために、とりあえずなんでも入れちゃうボックスを作っています。
そうすれば「あの紙、どこに行ったっけ?」ということもなくなり、後日確認すべきものもボックスに入っているので迷わなくて便利。来客があってもボックスを片づけてしまえばスッキリです。

週末はできるだけ家族と遊んだり、お出かけしたりする時間に使いたいので、掃除機をかける以外の掃除は毎日少しずつを基本にしています。平日は、保育園から帰ってきた後は、まさに時間との闘いですが、その中でも毎日2~3分の時間は作れます。冷蔵庫掃除に30秒、コンロ拭き30秒、トイレ拭きに15秒、という具合です。何日かに分ければ1週間たてば冷蔵庫もぴかぴかです。すべてを一日でやろうとしないことが、毎日の“ながら”掃除には鉄則です。是非試してみてくださいね。

ママ起業家の”ママ”の顔、”経営者”の顔

天沼幸子

天沼幸子

アメリカの大学院での学びの後に帰国。ITコンサルティング会社としてグローバルに展開する企業に就職、その後シンクタンクを経て、ファモニィ株式会社を設立し、代表取締役に。美容院や整体院などでママの『できない』を『できた!』に変えるイベント型無料保育サービス「ママトコタイム」を首都圏中心に展開している。一児の母。
ママトコタイム ファモニィ株式会社

求人情報

時短勤務可!シェアオフィスの営業管理 

株式会社アクトコールでシェアオフィスの営業管理のお仕事となります。
契約獲得の後に発生する手続きなどをご担当いただく予定です。

詳しく見る↓

勤務地
品川
勤務時間
9:00〜18:00
報酬
応相談
条件
若手社員の教育や1人称で作業も行えるくらいの能力を持たれている方を希望しております。イメージとしては大手不動産会社でバリバリ手続きや部下をもっていた方などが理想的です。

話をきいてみる

↑閉じる