【第60回】2人目の仕事と育児と臨月と(最終回) ~ワーママ子育て狂想曲〜

第60回 2人目の仕事と育児と臨月と
ワーママ子育て狂想曲 〜ドタバタ振り返りDiary〜

l_200_1長男の時には妊娠6か月目で切迫流産・早産で休職になってしまったので、お腹が大きくなってから働くことが実は二人目の時が初めてでした。最後の方はとにかくお腹が辛くて辛くて…… 座っているだけでもお腹が圧迫されていて苦しい。それでも長男がいたから時短勤務でしたし、帰りも16時には会社を出られましたが、これが第一子だったら働く時間も長いし行きも帰りも通勤ラッシュで、もっと辛かったのかも……

 

というわけで、仕事をしていると出産準備もできないし、そもそも手術で1か月休んでいた上に、あと3~4か月しかいない私には新規の業務を任せることも難しいとのことで、2回目の産休は、余っていた有給を使いきって2か月前から取ることにしました。

 

l_200_2一人目妊娠した時は「もっと働きたい!」「ギリギリまで働きたい!」という気持ちも大きく、妊娠の後半半分が切迫で自宅安静になってしまった時には、仕事の引継ぎもうまくできなかったり、自分が会社で必要とされなくなることに不安になったりもしました。けれども、二人目のときは、「早く休みに入りたい!」と、産休開始を心の支えに毎日頑張る私に変化(笑) 日に日に大きくなるお腹で仕事と育児の両立は辛さを増す一方なのに、2人目妊娠はいくら私が休みたくても育児がノンストップ。長男妊娠中の思う存分寝たきりになれる状態は、いかに楽だったか…… 自転車も妊婦は止めた方が良いとわかっていても、まだ2歳間もない長男と20分歩いて帰る方が大変と、自転車で5分無理した方を選択していましたし、夕飯もお風呂も寝かしつけもある。イヤイヤ期に加えて夜泣きもひどくて、毎晩、12時・2時・4時・6時と大泣きされていました。妊娠がわかった11月、食べづわりの12月、手術~自宅安静の1月、2月~4月の仕事復帰…… 楽しかったのは、待ちに待った5月1日の産休初日! 旦那さんと二人でアウトレットに行って遅めの誕生日プレゼントとしてUGGのブーツを買ってもらったことくらい(笑) なんだか大変なことばかりの第二子のマタニティライフでした。

 

女性が働きやすい社会になったとはいえ、出産も育児は変わらずある中で、仕事がさらに増えただけの世の中はモヤモヤすることがたくさんあります。自分でお金を稼いでいると、旦那さんにも平等を求めて、それでイライラすることも多いと思うんです。「仕事で疲れている」なんて旦那さんに言われた日には、「仕事“だけ”やっているなんて、なんて楽なんだ、私だって終電まで残業したいわ!」と毒づいたりしたものです。「私ばっかり」とか「~も~もできない」と不満をあげたらキリがありません。

 

私は会社で初めて出産して復職した女性だったので、社員の人にとって「時短勤務」は「早く帰れるから羨ましい」としか認識されず、給料が下がっていることも、残業ができないから時間内で終わらせる大変さも、家に帰ってから休んでるわけじゃないないことも、はじめは理解されずに辛い思いもしました。

 

今回、長男出産後の仕事復帰から次男の産休に入るまで、約1年半のドタバタの子育て日記を書かせて頂きましたが、ちょっとでも「わかるわかる!」と辛さも楽しさも共有していただき、働くことや子どもを育てることを一緒に楽しんでいただけたら幸いです!

 

REMIQUESTの振り返りコメント

「ワーママ子育て狂想曲~ドタバタ振り返りDiary~」は、ひとまず今回が最終回。改めて振り返ってみると、今は大したことじゃなかったと思うことで悩んでいたり、あんな可愛いこともあったなと思ったり、個人的にも貴重なDiaryとなりました。また第二子誕生後の続きも描きたいなと思っています。1年ちょっとの間、読んでいただきありがとうございました!  

ライター REMIQUEST
幼い頃から好奇心旺盛で、独身時代は海外留学やセミナーなどにお金をつぎ込み、興味があることにはすぐに飛びつく傾向あり。出産後も、常に週末は予定でいっぱい。親子で参加できるワークショップを主催するなど、色々なことに挑戦中。
http://www.mamaquest-r.com

←【前の記事】第59回 嗚呼…… 2人目も「男の子」と断定!

>> バックナンバー

【ワーママ子育て狂想曲・第1回 】 ドタバタ振り返りDiary

【ワーママ子育て狂想曲・第2回 】 重すぎる1ポイント!?締切り直前の復職劇!

【ワーママ子育て狂想曲・第3回 】 ヒールとアクセと、ひとりでトイレ

【ワーママ子育て狂想曲・第4回】クリスマスは保育園からの洗礼を!

【ワーママ子育て狂想曲・第5回】朝ごはんは犬のえさ!?

【ワーママ子育て狂想曲・第6回】冬の復職は心も凍る

【ワーママ子育て狂想曲・第7回】認可保育園内定いただきました

【ワーママ子育て狂想曲・第8回】ママの三種の神器!? 電動自転車デビュー!

【ワーママ子育て狂想曲・第9回】まさかの忘れ物

【ワーママ子育て狂想曲・第10回】オムツはカバンじゃありません

【ワーママ子育て狂想曲・第11回】シーツ外注は母親失格? FBが大炎上!!

【ワーママ子育て狂想曲・第12回】続・悪魔のシーツ作りとその結果

【ワーママ子育て狂想曲・第13回】鼻吸いマシーンは必要か?

【ワーママ子育て狂想曲・第14回】マツゲさえ上がれば何とかなる!

【ワーママ子育て狂想曲・第15回】うちの子、ホントはオシャレなんです!

【ワーママ子育て狂想曲・第16回】涙の断乳日記、その1 準備編

【ワーママ子育て狂想曲・第17回】涙の断乳日記、その2 前夜の贈り物

【ワーママ子育て狂想曲・第18回】涙の断乳日記、その3 初日の絆創膏と涙

【ワーママ子育て狂想曲・第19回】涙の断乳日記、その4 ソッコー乳腺炎になりかける

【ワーママ子育て狂想曲・第20回】涙の断乳日記、その5 そのときパイはもういない

【ワーママ子育て狂想曲・第21回】階段オンリーの駅と大荷物には要注意!

【ワーママ子育て狂想曲・第22回】涙の断乳日記、その6 寝たフリは薄目を開けるべし

【ワーママ子育て狂想曲・第23回】涙の断乳日記、その7 我が子は禁煙中サラリーマン

【ワーママ子育て狂想曲・第24回】1回1万円のベビースイミング?

【ワーママ子育て狂想曲・第25回】生協の主婦戦略にハマる!?

【ワーママ子育て狂想曲・第26回】涙の断乳日記、その8 悲劇のヒーローポーズ

【ワーママ子育て狂想曲・第27回】保育園シーツだと自然と寝る?

【ワーママ子育て狂想曲・第28回】熱くて・辛くて・生モノが食べたい!

【ワーママ子育て狂想曲・第29回】涙の断乳日記、その9 トイレの水が溜まるまで?

【ワーママ子育て狂想曲・第30回】ぷっくりお尻に癒される

【ワーママ子育て狂想曲・第31回】隠れて食べるときは、寝るまで待て

【ワーママ子育て狂想曲・第32回】断乳万歳? 薬が飲める幸せ

【ワーママ子育て狂想曲・第33回】涙の断乳日記、その10 ストレス性不正出血!?

【ワーママ子育て狂想曲・第34回】月誕生日はケーキで記念写真

【ワーママ子育て狂想曲・第35回】2歳前、初飛行機の旅

【ワーママ子育て狂想曲・第36回】久しぶりの美容院で選んだスタイルは?

【ワーママ子育て狂想曲・第37回】子どもより荷物を先に

【ワーママ子育て狂想曲・第38回】トイレトレーニング始めました

【ワーママ子育て狂想曲・第39回】運動会で成長に感動!

【ワーママ子育て狂想曲・第40回】友人作と外注の違いは何?

【ワーママ子育て狂想曲・第41回】ハロウィン写真は親の幸せ?

【ワーママ子育て狂想曲・第42回】掃除機はいつかけるべき?

【ワーママ子育て狂想曲・第43回】電車とハンバーガーとコレクター魂

【ワーママ子育て狂想曲・第44回】第一子のアイスデビューとオヤツの家庭事情

【ワーママ子育て狂想曲・第45回】初のアミューズメントパークで初恋の相手を知る

【ワーママ子育て狂想曲・第46回】2人目不妊治療の苦労と苦悩

【ワーママ子育て狂想曲・第47回】2歳の誕生日はどう祝う?

【ワーママ子育て狂想曲・第48回】子鉄のメッカ「日暮里駅」へ

【ワーママ子育て狂想曲・第49回】ターキーかケンタか?

【ワーママ子育て狂想曲・第50回】仕事のモチベーションはどこで発揮する?

【ワーママ子育て狂想曲・第51回】新年は実家で極楽生活

【ワーママ子育て狂想曲・第52回】ついに第二子妊娠! 初期症状とネット検索

【ワーママ子育て狂想曲・第53回】不妊治療からの卒業と手術日決定

【ワーママ子育て狂想曲・第54回】二人目妊娠と事前の手術! 上の子どうする?

【ワーママ子育て狂想曲・第55回】入院セットに忘れたものは

【ワーママ子育て狂想曲・第56回】手術は朝イチに限る! 食べづわりに断食は無理!

【ワーママ子育て狂想曲・第57回】夜泣き大悪化と夜中のジュース

【ワーママ子育て狂想曲・第58回】仕事復帰と妊婦の満員電車は辛さ倍増

【ワーママ子育て狂想曲・第59回】嗚呼…… 2人目も「男の子」と断定!

求人情報

時短勤務可!シェアオフィスの営業管理 

株式会社アクトコールでシェアオフィスの営業管理のお仕事となります。
契約獲得の後に発生する手続きなどをご担当いただく予定です。

詳しく見る↓

勤務地
品川
勤務時間
9:00〜18:00
報酬
応相談
条件
若手社員の教育や1人称で作業も行えるくらいの能力を持たれている方を希望しております。イメージとしては大手不動産会社でバリバリ手続きや部下をもっていた方などが理想的です。

話をきいてみる

↑閉じる