忙しい朝、「早く早く!」と言わないためのアイディア5つ

ワーママの朝は忙しい。つい「早く早く!」を連発してしまいがちになりますが、急かしたからところで思い通りに急いでくれないのが子ども。さて、ではどうしたらいいのでしょう? 体験談を交えながら、対策を5つご紹介します。

1.「早いね~」と予言をする

l_107_1まずは言葉を変えてみましょう。うちの子どもが小さい頃、一番不思議だったのが「子どもは予言を叶える存在だ」ということ。早くして欲しいときは「早いね」「猛スピードだね」と声を掛けると…… あら不思議、本当にスピードアップするのです。言葉をちょっと変えるだけなら、時間もお金もかかりません。ぜひ一度試してみてください。

2.競技にする

l_107_2子供は競争やゲームが好き。さらに、やるからには必ず勝ちたい生き物です。その本能とでもいうべき習性を利用しましょう。「ママの方が早く着替えちゃうモンね~」などと声を掛けて、競争に持ち込む(でも子供が気分よく勝てるように調整しつつ)。

また、タイムトライアルにするのもおすすめです。「10秒で着替えられるかな? ママはできるけどね。い~ち、に~い……」と挑発してみましょう

3.やることリストを作って子どもにチェックさせる

l_107_3顔を洗ってご飯を食べて歯磨きをして着替えて…… 朝は子どももやらなければならないことがたくさんあります。次々に指令を与えてクリアさせるのはなかなかの難事業ですし、ストレスも溜まります。子どもの自己肯定感も育ちませんよね。「やることリスト」を作って自分でチェックさせるといいですよ。単純な表でもいいですし、「はみがき」「あさごはん」「きがえ」などイラストを添えるのもいいでしょう。

言葉で言われると入ってこないタイプでも、目で見るとわかる、ということもあります。自己管理しなければ、と自覚を呼び起こすことにもつながります(やることリストは「お支度表」で画像検索するとたくさんのママの工夫が見られます)。

4.スケジュールを見直す

l_107_4毎朝忙しすぎるなら、朝に「やらなきゃいけないこと」が多すぎるのかも知れません。「これは朝でなくちゃ」と思い込んでいる行動を見直してみませんか。洗濯機を回すのは夜のうちでいいかもしれないし、朝食の準備も前の夜にスープや味噌汁を仕込んでおいた方が効率的なのかも。そんな風に工夫できることがありそうです。

朝のスケジュールだけでなく、夜の行動も考えてみましょう。子供の着替えや、明日持って行くハンカチなど、夜のうちに翌日の準備をしておけば、朝のバタバタが減らせるかも知れませんよ。

5.朝にちょっとした楽しみを作る

l_107_5子どもの頃、遠足や誕生日など、楽しいことがある日は早く目が覚めたよ、という方は多いでしょう。朝のちょっとした楽しみがあれば、布団から出て身支度するのも、素早く動けます。
暖かくておいしいミルクティー、早朝の公園でのひと遊び、お庭で朝食、近所のベーカリーに焼きたてパンを買いに行く、たまにはカフェでモーニングなど、時々はイベントを実施してみましょう。そのための早起きや準備だったら「早く早く」という言葉は減らせるんじゃないかと思います。

ライター 曽田 照子
書籍、広告、WEB、フリーペーパー、情報誌など、多彩な媒体に執筆。
著書
「ママが必ず知っておきたい!子どもに言ってはいけない55の言葉」メイツ出版
「『お母さんの愛情不足が原因』と言われたとき読む本」中経の文庫
「お母さんガミガミ言わないで!子どもが勉強のやる気を失う言葉66」学研パブリッシング等。

求人情報

時短勤務可!シェアオフィスの営業管理 

株式会社アクトコールでシェアオフィスの営業管理のお仕事となります。
契約獲得の後に発生する手続きなどをご担当いただく予定です。

詳しく見る↓

勤務地
品川
勤務時間
9:00〜18:00
報酬
応相談
条件
若手社員の教育や1人称で作業も行えるくらいの能力を持たれている方を希望しております。イメージとしては大手不動産会社でバリバリ手続きや部下をもっていた方などが理想的です。

話をきいてみる

↑閉じる