子ども2人以上は、3人も4人も一緒というのは本当?

「子ども2人以上は3人も4人も一緒よ〜」という発言、みなさんは耳にしたことありませんか? 実際のところどうなの? というところを幼児から中学生まで5人の子がいる私が答えさせていただきます。私の答えはただ1つなのですが、子どもが増えてもそう変わらないと思われる面、大きく変わる点について、あらためて考えてみました。

1人1人は別個の人間

l_68_1
「子ども」という言葉でくくると同じだとしても、実際には、性格も体質も異なる個性を持った人間です。ただ、赤ちゃんの時のお世話という点では、ママもパパも1人目より2人目のほうが、2人目より3人目のほうが経験値が上がっていたり、成長した上の子がお手伝いをしてくれたりするので、「2人目、3人目のお世話は1人目ほど大変じゃない」と言う人も多いのだと思います。

もっと成長すると、兄弟でも個性が際立ってきます。「上の子の時にはこうやって対処したことが、この子に対してはあてはまらない」という場面もしょっちゅう。我が家もそんなことばかりで、結局は初心に返り、1人1人の問題として真剣に向き合うことになります。

赤ちゃんのころはあまりお金がかからないけど

l_68_2
赤ちゃんのころのお世話用品やベビーウェアは、お下がりで済む部分も多く、1人目ほどの出費を感じないかもしれません。

子どもにかかる出費が大きく変わってくるのが、子育てに対する方針によってです。
乳幼児期から色々な習い事を経験させるか、小学生になったら塾に行かせるか、公立と私立のどちらを選ぶか……などなど。1人目の子にはいくつかの習い事を経験させたけれど、下の子に行くにつれて減った、という話も聞きます。

公立の園と小中学校に通っている我が家ですが、年度初めには集金が集中して負担感が強くなります。また、義務教育以降の学費のことを考えたら、「何人でも同じ」という気持ちになるかたはいないのではないかなあと思います。

仕事とのバランスが取りにくい乳幼児期

兄弟で同じ保育園に簡単には入れないこのご時世。我が家も兄弟の園が分かれた期間を経験しています。学童+2つの保育施設へのお迎えに行っていたころも、今では懐かしく思えますが、当時は、特に雨の日は負担が大きかったです。それでも、手厚く保育をしてもらえる幼児期の安心感は高かったなあと思います。

子どもが増えると小さいころは病気の連鎖にも悩まされます。歳の近い3人、4人の子の子育ては、ある時期ふっと「最近少し楽になってきたかも」と感じる時が出てくると思いますが、私にとっては子どもが4人だった時、一番上の子が小学校中学年、当時の末っ子が3歳ぐらいになったころに、ようやく兄弟間の冬場の病気の連鎖が減ってきたなと感じていたと思います。

「1人だけの時にはママだけで踏んばってしまっていたことも、2人以上になると夫婦で協力しないと共働きでは不可能」という声もよく聞きます。子どもが4人、5人になるとなおさら、家族全体で協力しないと回らないと痛感します。でも、成長した上の子が頼りになったり、家事を手伝ってくれることも増えて、「子どもが多くて大変」「子どもに助けられていることが多いなあ」という両方の気持ちを同時に感じるようになりました。

親の思いと子の受け取り方は違う「愛情の注ぎ方」

2人目の子が生まれたのは13年近く前ですが、「赤ちゃんが産まれたら2人に同じように愛情を注げるのだろうか」と、心配になった気持ちを覚えています。それは2人から3人……とその後新しい家族が加わってくれる時にも一緒でした。

子育てをしてくる中で気づいたのは、「まったく同じように愛情を注げるわけはない」ということ。もちろん、親はどの子も同じように大切にしていますが、子どもの兄弟間での立ち位置、その時の子育てを取り巻く環境などによっても、接し方はどうしても異なってきます。子どもの側からすると、不公平に感じることもあるでしょう。

親としては、結局は、1人1人と真剣に向き合うというところにたどり着きました。乳幼児期のようなお世話の大変さはなくなっても、まだまだ心をかけ続ける必要があるのが子育て。子どもの人数が増えればそれだけエネルギーは必要になることも感じています。

子どもの分だけ地域のつながりも増える

l_68_3
我が家は転勤による引っ越しが多く、頼れる身内もいない中、夫婦だけでやってきたので、子どもの人数が増えればその都度色々な負担も増しました。一方で子どもを通したつながりも増え、子育てにおける孤独感がなくなりました。これは本当に心強かったです。

最近困っているのは、自分の年齢の上昇と記憶力の低下+子どもたちを通したつながりの増加+引っ越し回数の多さもあり、人の名前が覚えづらくなったり、すぐに名前が出てこなかったり、声をかけてもらったけれど「これはどの子つながりのママだっけ!?」なんていう場面がしょっちゅうあること。

つまり、裏を返せば、それだけ子育てを経験している5つの土地のどこにおいてもたくさんのつながりの中で過ごしてこられたということ、これはすべて子どもたちのおかげなのです。このことにいつも感謝しています。

1人増えても2人増えても一緒、ではなくて

l_68_4
家族が増えると、上の子の今までとは違った側面が見られるようになります。意外と面倒見がよかったり、お手伝いを進んでしてくれたり。また、子どもが3人、4人と増えていくと、成長の色々な局面において仲のよい組み合わせが色々に変わっていくのが面白いとも感じています。

1人増えても2人増えても一緒、ではなく、新しい家族が1人加わると、また今までとは違った新しい家族のストーリーが始まり、大勢の人数の中で関係が色々に変化していく―。私はこのことがとても嬉しかったです。

結局、タイトルの問いに対する私の答えは、「一緒じゃありません。全然違います~」でした。色々な方々の感じ方も聞いてみたいなあと思っています。

ライター 千葉美奈子
フリーランスのライターとして活動、ベビーマッサージ、親子リズム遊びなどのイベントを開催しながら、中2、小6、小5、小2、3歳の四男一女の子育てに奮闘中。
転勤族で東北、関東、北海道の5つの土地で子育てをしてきました。現在は東京都在住です。

求人情報

在宅可!時短あり!書類作成業務(応募終了)  

国が提供する助成金・奨励金・補助金を取得する際のサポート業務です。

詳しく見る↓

勤務地
都内・在宅。週1~2社内MTG有。応相談 
勤務時間
月10時間~応相談
報酬
勤務時間による
条件
書類作成が好きな方。人事労務その他助成金に興味がある方。 社労士を目指している方も大歓迎です。

話をきいてみる

↑閉じる

役所への書類提出等のアシスタント・社労士資格保有者歓迎!

月に数回発生する役所等への提出物の準備、申請等をお願いします。子育てを優先しつつ、ちょっとだけ働きたいという方にオススメです。

詳しく見る↓

勤務地
新宿
勤務日数・時間
変則的 役所への提出なので日中のみです。
報酬
要相談、時給での計算も可能
条件
社労士大歓迎。(実務経験ナシ、ブランクありもOK)法務部、総務部、人事部に所属していた方、法律が好きな方、詳しい方 社会保険労務士等の資格を目指している方

話をきいてみる

↑閉じる

時短可能!週3日以上スタイリスト職

1)お客様の好み等に基づいたお洋服選び
・お客様に登録していただいたお気に入りのアイテムなどの情報を参考にしたパーソナルスタイリング 

2)お洋服のスタイリングアドバイス
・お選びしたお洋服の着こなしのアドバイスを書いていただきます。
・お洋服1点1点に対するコメントの作成
・お洋服ごとの特徴や、お客様のコーディネートの参考となるアドバイスを書いていただきます。

詳しく見る↓

勤務地
本社/東京都港区虎ノ門4-1-20 田中山ビル9F ※転勤はありません。   
勤務日数・時間
実働6~8時間(シフト制)
・週3日以上勤務
・土、日、水、祝日は出勤必須となります。
・勤務時間は1日6~8時間と選択が可能 。
※土、日曜日はどちらか一方の出勤も可能です。
※残業は原則ありません
※シフト例:10:00~17:00、10:00~19:00 
報酬
時給1000円以上※能力に応じて昇給あり。
条件
・アパレルでの接客経験のある方、コミュニケーションを取るのが得意な方、基本的なPCスキルがある方(Excel、Wordが使える)

話をきいてみる

↑閉じる

ママ向けサービスの企画・調査業務(応募終了)   

新規で年末にオープン予定のママ向けサービスの企画や情報収集業務です。 Webからの情報をExcelや資料にまとめます。自宅にパソコンがある方であれば Excelのレベルは問いません。

詳しく見る↓

勤務地
都内・在宅。月1社内MTGを予定   
勤務日数・時間
応相談 8月~11月まで   
報酬
勤務時間による   
条件
新しいサービスを作り出す事に興味がある方であれば 経験は問いません。ブランクがある方でもOKです。 

話をきいてみる

↑閉じる

クライアントへのヒアリング業務    

サービスに興味があるとお問い合わせ頂いた会社さんへ伺い、資料を見せながらサービスの説明をして頂きます。   

詳しく見る↓

勤務地
都内・直行直帰 
勤務日数・時間
月10時間~応相談  
報酬
応相談
条件
人と話すのが好きな方。ノルマもなく空いた時間にできる仕事なので子育てをしながら有効に時間が使えます。   

話をきいてみる

↑閉じる