原因不明の子どものぐずり、もしかしたら低気圧のせいかも?

気圧が体調に影響するの?

l_51_1

なぜか今日は子どもが妙に騒ぐ、いつもと様子が違うというとき、もしかしたら、台風や大雪など低気圧が来ているかもしれません。大人でも低気圧の接近で頭痛がしたり体調が悪くなったりする人がいます。気圧と体調の関係について考えてみましょう。
気圧とは、空の大気の重さです。当たり前すぎて忘れてしまいがちですが、私たちは普段、大気の重みを全身に受けながら生活しています。低気圧が近づいたり通過することで気圧が変化すると、この体にかかる大気の重みが変動します。そのため血液の流れかたが変わったり、交感神経と副交感神経のバランスが崩れたり、体調不良や情緒不安定を引き起こす原因となるのです。ぜんそくや神経痛が悪くなりやすいというのはよく知られていますが、ほかにも頭痛をおこしやすくなったり、古傷が痛んだり、体がだるくなったり、いつもより眠かったり、とさまざまな不調を起こしやすくなります。不調ではありませんが、台風や大雪の前になぜか妙にハイになる人がいるのも気圧の変動のせいですね。この気圧からの影響は、大人よりも子どもほうが受けやすく、赤ちゃんも敏感に感じ取ります。そのため雨の日は夜泣きがひどいとか、梅雨時はどうも…ということもあるのです。

リラックスしてのんびり

赤ちゃんがぐずるのはお天気のせいとわかれば、気持ちに余裕が出てきませんか。さらに言えば、赤ちゃんのぐずぐずになんだかイライラしてしまうのも、ママ・パパ自身も気圧の影響を受けている可能性もありますね。
気圧の変動だとしたら、私たちにはどうしようもありません。誰のせいでもないのですから、できるだけのんびりと悪天候が過ぎ去るのを待つのがおすすめです。
体内の循環をよくするために、ゆっくり入浴したり、ベビーマッサージがいいという人もいます。試してみる価値はありますね。

気分を変えてみましょう

お天気が悪いと大人でもゆううつになりがち。気圧や湿度に体調が左右されないタイプの人だって、雨の日が続くと気持ちがめいってしまうことはありますよね。
子どもはママ・パパのそんな気持ちを敏感に感じ取り、動揺している可能性もあります。「雨だから嫌ねえ」ではなく「恵みの雨だわ」と言い換えてみましょう。少しは心が晴れるかもしれません。
もう少し大きい子の場合、部屋でゆっくり過ごすのに飽きて騒いでいる可能性もあります。
台風や大雪などの日はおすすめしませんが、時にはお出かけもいいでしょう。雨の日に出かけるのは大人にとってはとても面倒なことですが、子どもにとってスペシャルな体験。お気に入りの傘をさし、レインコート、長靴で歩けば、雨音や水たまりの波紋、普段と違う公園の景色など、雨の日ならではの特別な思い出が作れるかもしれませんね。児童館や図書館の子供室など、あまりお金を掛けずに子どもと過ごせる場所は意外に多くあります。市町村のHPなどで調べてみましょう。

ライター 曽田 照子
書籍、広告、WEB、フリーペーパー、情報誌など、多彩な媒体に執筆。
著書
「ママが必ず知っておきたい!子どもに言ってはいけない55の言葉」メイツ出版
「『お母さんの愛情不足が原因』と言われたとき読む本」中経の文庫
「お母さんガミガミ言わないで!子どもが勉強のやる気を失う言葉66」学研パブリッシング等

求人情報

時短勤務可!シェアオフィスの営業管理 

株式会社アクトコールでシェアオフィスの営業管理のお仕事となります。
契約獲得の後に発生する手続きなどをご担当いただく予定です。

詳しく見る↓

勤務地
品川
勤務時間
9:00〜18:00
報酬
応相談
条件
若手社員の教育や1人称で作業も行えるくらいの能力を持たれている方を希望しております。イメージとしては大手不動産会社でバリバリ手続きや部下をもっていた方などが理想的です。

話をきいてみる

↑閉じる