子どもが自転車に乗り始めたら「自転車保険」に加入すべき?

【QUESTION】

l_50_1

先日、子どもの自転車事故により多額の賠償金の支払いを命じられたというニュースを見て、自分の子どもが今後事故を起こしたらどうしようと心配になりました。お友達にケガをさせてしまうようなケースもあると思います。それに備え、賠償金がおりるような自転車保険に入っておいたほうがいいのでしょうか?

【ANSWER】住宅ローンアドバイザー・証券外務員1種・FP1級 清水斐さんからのANSWER

最近、自転車事故での賠償金額がとても高額になっていますね。中には一億円近くの支払いが命じられたものもあります。自転車保険への加入が既に義務化されている地域もあり、今後その流れは加速していくと考えられます。今から最適な方法を考えておきましょう。

「自転車保険」は、コンビニなどでも簡単に手続きができ、加入者も増えてきています。
内容は自転車運転中の事故による自身のケガや障害・死亡の補償と人や物を傷つけた場合の賠償を組み合わせたものが多いようです。保険料は補償の対象になる家族の人数や自転車以外の事故も補償するかなどによって異なりますが、年間2000円~1万円弱となっています。

「自転車保険」ということで考えると上記のようになりますが、お友達へのケガや多額の賠償金に備えるのであれば、必ずしも自転車保険である必要はありません。

『個人賠償責任特約』というものがあり、これは自動車保険や火災保険などに特約として付加するケースが多いもので、日常生活(車の運転以外)において他人をケガさせる、他人の財物に損害を与える、など法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われるものです。

加入者と同居しているご家族も補償の対象ですので、お子さんが自転車で他人をケガさせてしまった場合は勿論、自転車での事故以外やご自身が何かを壊したとき、飼っているペットが他人にケガをさせてしまった、などの場合も保険金の支払い対象となります。保険金の上限は一億円のものが多く、自転車保険の保証金額と同等に高額な賠償にも対応できます。

もともと加入している他の保険に付加するものですので保険料負担は軽く年間数百円程度で、お子さん自身のケガに対する補償が必要なければこちらの方が得と言えるかもしれません。自動車保険やご自宅の火災保険に付加することが出来る他、「個人賠償責任保険」という単独の商品もあります。

これから自転車を使う機会が益々増えてくるお子さまがいらっしゃる場合、少額で何か起こったときのリスクヘッジができる保障を加えておくと安心かと思います。
l_50_2

【回答者】 住宅ローンアドバイザー、証券外務員1種、FP1級 清水斐

LAXICでは皆さんからのお悩み、質問に専門家がお答えします。
こちらのフォームよりご応募下さい。

求人情報

時短勤務可!シェアオフィスの営業管理 

株式会社アクトコールでシェアオフィスの営業管理のお仕事となります。
契約獲得の後に発生する手続きなどをご担当いただく予定です。

詳しく見る↓

勤務地
品川
勤務時間
9:00〜18:00
報酬
応相談
条件
若手社員の教育や1人称で作業も行えるくらいの能力を持たれている方を希望しております。イメージとしては大手不動産会社でバリバリ手続きや部下をもっていた方などが理想的です。

話をきいてみる

↑閉じる