ひなまつりの意味って?女の子の節句の意味を改めて知ろう!

3月3日は、ひな祭りですね。今回はそのひな祭りのあれこれをご紹介します!

そもそもひな祭りって?

I_40_1
3月3日に女の子の健やかな成長を願ってお祝いするひな祭り。正しくは上巳(じょうし)の節句といいます。3月のはじめの巳の日という意味なのですが、やがて3日に定まりました。また、ちょうど美しい桃の季節ということもあり、「桃の節句」という名前で呼ばれるようになりました。
かつて中国では、上巳の日に川で身を浄める禊の習慣がありました。それが日本に伝わり、平安時代の京の貴族階級で親しまれていた人形遊びと結びつき、のちに川に人形を流して厄災を祓う「流し雛」の風習に変化していったそうです。
現在私たちが親しんでいるように人形を飾るようになったのは江戸中期のこと。徳川家康の孫娘「東福門院」が、自分の娘のためにつくった男女一対の内裏ひなが始まりとされています。

いつごろ飾ればいいの?

季節の節目の行事ですので、「立春」が一つの目安になります。
立春(節分の翌日)から2月中旬ごろに飾りましょう。遅くともひな祭りの1週間前までに飾るのがおすすめです。
おひなさまは子どもにとっての守り神のようなもの。前日に慌てて出すことは「一夜飾り」といって縁起が悪いとされています。
ちなみに「早く片付けるように」というのは、厄払いの意味や、しつけのため早くしまわせる意味、婚礼になぞらえて早く片付く(お嫁に行く)ように、など諸説あります。

お祝い料理の意味って?

I_40_2
縁起を担いでいるひな祭りのお祝い料理。ひととおり確認してみましょう!
・はまぐりの吸い物
 はまぐりの貝殻は、対になっている同士でないとぴったり合いません。このことから「仲の良い夫婦」をあらわし、一生を一人の人と添い遂げられるようにとの願いが込められています。

・菱餅(ひしもち)
 菱餅は、上巳の節句とともに中国から伝わった風習です。緑は「健康や長寿」、白は「清浄」、ピンク(紅)は「魔除け」を意味するといわれています。そのほか、「雪(白)がとけて大地(緑)が芽吹き、桃(ピンク)の花が咲く」というように春をあらわす意味が込められているという説もあります。

・ひなあられ
 ひなあられは、貴族階級の娘たちがひな人形を野原に持ち出して、春の景色を見せてあげるという「雛の国見せ」という風習の際に携帯して食べるものだったそうです。元々は菱餅を砕いて揚げたものだったようですが、現代では各地方によって様々な作りかたや味付けになっています。

・白酒
 もとは桃の花びらを漬けてつくられる「桃花酒」というものが飲まれていました。現在は、みりんに蒸した米や麹を混ぜて熟成させた「白酒」を飲みます。この白酒、アルコールが含まれていることをお忘れなく!子どもにはノンアルコールの「甘酒」を用意しましょう。

求人情報

時短勤務可!シェアオフィスの営業管理 

株式会社アクトコールでシェアオフィスの営業管理のお仕事となります。
契約獲得の後に発生する手続きなどをご担当いただく予定です。

詳しく見る↓

勤務地
品川
勤務時間
9:00〜18:00
報酬
応相談
条件
若手社員の教育や1人称で作業も行えるくらいの能力を持たれている方を希望しております。イメージとしては大手不動産会社でバリバリ手続きや部下をもっていた方などが理想的です。

話をきいてみる

↑閉じる