【お悩み相談室:MONEY】夫婦のお財布を一緒にするにはどうしたらいい?

【QUESTION】

l_39
5歳と2歳の子供がいる共働き家族です。子供が産まれるまで、夫婦の収入を別々に管理し、自由に使っていたので、子供が産まれた今でも夫婦で財布が別です。

そろそろ子供も小学生になりますし、教育費もかかってくるので、1つの財布で管理した方がいいのでは?思っていますが、主人が応じてくれません。

日々の生活費は、気がついたほうが出すスタイルです。なんとなく不安を感じており、きちんと1つの財布で管理したいのですが、どうやって説明、説得したら納得してもらえるでしょうか?

【ANSWER】住宅ローンアドバイザー・証券外務員1種、FP1級 清水斐さんからのANSWER

お子さんを出産されてもそれぞれの管理でどうにかなっているということは相談者の方にしっかりした収入があるということでしょう。素晴らしいことですね。

ただ、これからお子さんの教育費を考えていくには不安な気持ちがおありなのは、理解できます。「お財布を一緒に」というご意向ですが、もしかしたらそれが直接の解決には繋がらないかもしれません。順を追って考えていきましょう。

【目的は?】そもそも何故一括管理にしたいのか。

共働きの夫婦の財布を一緒にすることは全体の収支を管理する、という意味では有効です。計画的に貯蓄をするにも、一括管理のほうがやりやすいでしょう。一方で、お互いの財布の中身が分かることで心理的にもストレスが掛かるという側面もあります。(だから無駄な出費が減って貯まりやすいとも言えますが…)

一括管理はあくまで手段の一つにすぎません。まずは、なぜ一括管理をしたいのか?目的を改めて考えなおしてみます。

今回の場合は「お子さんの教育費(プラスご自身たちの老後生活費?)の準備をしたい」ということになりますよね。

勿論、ご主人を説得して一括管理をした上できちんと貯蓄が出来れば一番です。ただ、その方法にこだわりすぎて先に進まないのであれば、先ず目的を達成するための行動を起こしたほうが良いかもしれません。

【目的は共有できているか?】ご主人が応じない理由は?

ご主人にも「応じたくない」理由があるのかもしれませんよね。自由に使えるお金が少なくなる(なくなる)のが嫌、一括管理するにも人任せにしたくない、これまでどうにか出来たので方法を変えたりルールを作ったりが面倒…。などいろいろな理由が考えられます。

相談者様からしたら「そんな事言っている場合じゃない!」と思ってらっしゃるでしょう。残念ながらその緊急性がいまいち伝わっていないようです。
今回この相談になったきっかけの教育資金が、実際にいくらかかるか・何年以内に準備しないといけないのか・今いくら蓄えがあってあといくら不足しているのか、この情報がご夫婦で共有できていないのではないでしょうか。

教育費を考えると、1人暮らしをして私立大学に行くと1000万円掛かることも珍しくありません。そこまで行かずともその場でポンと出せる金額ではないことは確かです。

そこで、お2人のお子さんに対して『親として』どれくらいまで準備してあげたいのかを話し合ってみてください。親として、ということが重要です。やはり目先の自分の楽しみを優先したくなるのが人間です。そこを我慢してでも子供に必要の為に、と考えていかなければいけません。

その情報を共有した上で今後の目標貯蓄金額と貯蓄方法を考えてみてはいかがでしょうか。

もし、一括管理どころかその話し合いすら応じないようでしたら「子供の教育費の積立で毎月○万円必要だから」と結論だけ提示して生活費と併せて出してもらいましょう。

【目的達成のための妥協点を探る】一括管理でないといけないのか。

相談者さんには、一括管理をすることで安心したいという思いはあると思います。

ただ、一番重要なことは「必要な貯蓄をすること」です。一括管理は難しくても、将来に向けてのお金の準備はしっかりやれるよう、ご夫婦で協力していってくださいね。

最後に…お子様の年齢を見るとお2人とも今幼稚園または保育園に通っている年齢です。

小学生になると一旦教育資金としての支出は減ります。これからの小中学生の期間が教育資金の中でも段違いにかかる大学費用の一番の貯め時です。小学校に入学して、学費が少し落ち着いたから切り詰めていた生活費を上げる・・・ではなく生活水準は維持しながら積極的に貯蓄を行っていってください。

安心できる貯蓄計画が立てられるように、頑張ってくださいね。

【回答者】 住宅ローンアドバイザー、証券外務員1種、FP1級 清水斐

LAXICでは皆さんからのお悩み、質問に専門家がお答えします。
こちらのフォームよりご応募下さい。

求人情報

在宅可!時短あり!書類作成業務  

国が提供する助成金・奨励金・補助金を取得する際のサポート業務です。

詳しく見る↓

勤務地
都内・在宅。週1~2社内MTG有。応相談 
勤務時間
月10時間~応相談
報酬
勤務時間による
条件
書類作成が好きな方。人事労務その他助成金に興味がある方。 社労士を目指している方も大歓迎です。

話をきいてみる

↑閉じる

役所への書類提出等のアシスタント   

月に数回発生する役所等への提出物の準備、申請等をお願いします。子育てを優先しつつ、ちょっとだけ働きたいという方にオススメです。

詳しく見る↓

勤務地
新宿
勤務日数・時間
変則的 役所への提出なので日中のみです。
報酬
要相談、時給での計算も可能
条件
社労士大歓迎。(実務経験ナシ、ブランクありもOK)法務部、総務部、人事部に所属していた方、法律が好きな方、詳しい方 社会保険労務士等の資格を目指している方

話をきいてみる

↑閉じる

時短可能!週3日以上スタイリスト職

1)お客様の好み等に基づいたお洋服選び
・お客様に登録していただいたお気に入りのアイテムなどの情報を参考にしたパーソナルスタイリング 

2)お洋服のスタイリングアドバイス
・お選びしたお洋服の着こなしのアドバイスを書いていただきます。
・お洋服1点1点に対するコメントの作成
・お洋服ごとの特徴や、お客様のコーディネートの参考となるアドバイスを書いていただきます。

詳しく見る↓

勤務地
本社/東京都港区虎ノ門4-1-20 田中山ビル9F ※転勤はありません。   
勤務日数・時間
実働6~8時間(シフト制)
・週3日以上勤務
・土、日、水、祝日は出勤必須となります。
・勤務時間は1日6~8時間と選択が可能 。
※土、日曜日はどちらか一方の出勤も可能です。
※残業は原則ありません
※シフト例:10:00~17:00、10:00~19:00 
報酬
時給1000円以上※能力に応じて昇給あり。
条件
・アパレルでの接客経験のある方、コミュニケーションを取るのが得意な方、基本的なPCスキルがある方(Excel、Wordが使える)

話をきいてみる

↑閉じる

ママ向けサービスの企画・調査業務   

新規で年末にオープン予定のママ向けサービスの企画や情報収集業務です。 Webからの情報をExcelや資料にまとめます。自宅にパソコンがある方であれば Excelのレベルは問いません。

詳しく見る↓

勤務地
都内・在宅。月1社内MTGを予定   
勤務日数・時間
応相談 8月~11月まで   
報酬
勤務時間による   
条件
新しいサービスを作り出す事に興味がある方であれば 経験は問いません。ブランクがある方でもOKです。 

話をきいてみる

↑閉じる

クライアントへのヒアリング業務    

サービスに興味があるとお問い合わせ頂いた会社さんへ伺い、資料を見せながらサービスの説明をして頂きます。   

詳しく見る↓

勤務地
都内・直行直帰 
勤務日数・時間
月10時間~応相談  
報酬
応相談
条件
人と話すのが好きな方。ノルマもなく空いた時間にできる仕事なので子育てをしながら有効に時間が使えます。   

話をきいてみる

↑閉じる