もらった子どものお年玉。どう使う?

お正月になると、もらえるお年玉。もらった後、お金をどのようにしていますか?今回は子どものお年玉の使い道について多かった順にランキング形式にしてご紹介します。

1. 貯金する

将来の為に貯金という人も多いようです。まだまだお金を管理できない年齢であれば、大事に貯金してあげるのもよいでしょう。将来、お金が必要になった時渡してあげるといいかもしれませんね。大学進学の費用などは、正直学資保険だけで賄うのは難しいでしょう。将来のために貯金をしておく、という方もとても多いようです。

2. おもちゃなどを買ってあげる

お年玉で、子どもへのおもちゃを買う人もいるようです。子どもが小さいと現金の理解がないので、物で残して理解をしらもらうために、おもちゃを買うという人も多いようです。
l_30_1

3. 一年分の小遣いの足し

小学生くらいになると、子どもに月のお小遣いをあげてる方もいるでしょう。そういう場合は子どものお小遣いとして、親が管理しながらあげている例も多いようです。家計にも響かないので親としても有難いですね。

4. 子どもの管理費

子どもたちは成長も早く、衣類などお金がかかります。子ども達の管理費にお年玉を回す例も多いようです。また幼稚園や小学生になるとイベントも多く、集金も案外家計に影響する場合も多いのです。子どもにかかるお金をお年玉から賄うという例もあります。
l_30_2

5. 生活費にまわす

実は案外多いのが、子どものお年玉を生活費に回してしまうケースです。仕事をしていてもどうしてもかかる時があります。やはり生活が苦しいという場合もありますからね。その事から子どものお年玉を生活費に充てるという声も少なくはありません。

6. 子どもの教育費

また子どもの習い事に充てるという声も多くあります。確かに習い事の費用も決して安くはありません。他にも通信教育などを一年一括で申し込んで子どもの教育費に充てる方もいるようです。普段の生活費から出せないものを子どものお年玉から出すという人が多い様ですね。
l_30_3

求人情報

時短勤務可!シェアオフィスの営業管理 

株式会社アクトコールでシェアオフィスの営業管理のお仕事となります。
契約獲得の後に発生する手続きなどをご担当いただく予定です。

詳しく見る↓

勤務地
品川
勤務時間
9:00〜18:00
報酬
応相談
条件
若手社員の教育や1人称で作業も行えるくらいの能力を持たれている方を希望しております。イメージとしては大手不動産会社でバリバリ手続きや部下をもっていた方などが理想的です。

話をきいてみる

↑閉じる