二人目育児のコツ ~ストレス解消方法~ by AMOMA

l_23_1

家族が増えることはとても喜ばしいことですが、本格的な二人目育児がスタートした瞬間から、ママの戦いが始まります。子どもを二人育てるということは、労力が「2倍」ではなく「2乗」だというママもいるほど大変なこと。そんな二人目育児のストレスの原因と解消方法をご紹介します。

原因1. 上の子の赤ちゃん返りとイヤイヤ

l_23_2

上の子にとって、突然やってきた赤ちゃんは「ママを横取りした憎たらしい存在」です。「もうお兄(姉)ちゃんでしょ!」と叱られたり我慢させられ、小さな身体にたくさんストレスを抱えてしまいます。そこでママの気を引くために赤ちゃん返りをしたりイヤイヤが始まってしまうのです。
赤ちゃんが二人になったような状況にママはお手上げ。ワガママばかり言う上の子にイライラをぶつけてしまい、後で後悔することもあるのではないでしょうか。

解消方法1. 二人目がいなかったら?と想像してみる

赤ちゃんと比べて「お兄(姉)ちゃん」に見えてしまう上の子も、もし下の子がいなければ、この世に生まれてたった数年の小さな存在。まだまだ赤ちゃん、甘えん坊なんだよね!出来なくて当たり前!そんな大きな気持ちで接してあげましょう。
子どもを叱りそうになった時は、まずは深呼吸。イライラする気持ちを落ち着けてくれるアロマオイルもありますので、香りに癒されながら一度休憩して心を静めましょう。
もしも叱ってしまっても「怒ってごめんね。ママは〇〇ちゃんが大好きなんだよ」と、必ずぎゅっと抱きしめてフォローしてあげることが大切です。

解消方法2. イヤイヤには選択肢を

例えば着替えを嫌がる子には、無理やり着せるのではなく「しましまの服と水玉の服、どっちにする?」と選択肢を与えて自分で選ばせてあげましょう。決められた判断を受け入れるよりも、比較して”自分で選んだ”という主体性を感じさせてあげると、子どもも受け入れやすくなります。

原因2. 寝かしつけがうまくいかない

l_23_3

一人目の時は寝てくれるまで抱っこしたり添い寝したり、付きっきりで寝かしつけをすることができました。ところが子ども二人を寝かしつけるとなると、そんな風に丁寧にする余裕はありませんよね。二人同時に寝かせるぞ!と意気込んでしまうと、子どもたちの目が冴えてきてしまうことも。ママの焦りや不安の心って、子どもに伝わってしまうんですよね。

解消方法. 下の子の寝かしつけはシンプルに

まず下の子を先に寝かしつけるようにし、抱っこやおっぱいがなくても寝られるように習慣づけてあげましょう。トントンしたり赤ちゃんの気持ちを落ち着けてくれるアロマを使用したり、子どもに合わせた毎日の入眠儀式をつくると良いですよ。
入眠儀式の詳しい方法は「赤ちゃん・新生児をスムーズに寝かしつける方法」を参考にしてく
さいね。
その分、上の子には絵本を読んであげたりお気に入りのぬいぐるみなどで遊んだり、寝る前のスキンシップをたくさんとってあげましょう。ママを独り占めできるので、下の子に対する対抗心も和らいでくれます。

原因3. 家事が思うように進まない

l_23_4

二人の子どもの育児中は、泣いた赤ちゃんのおむつ替えや授乳をし、上の子の遊びに付き合ったりワガママに振り回されたり、1日が慌ただしく過ぎていくもの。なかなか家事が進まず「私って容量が悪いのかしら」と、悩んでしまいがちですよね。

解消方法1. やらないことを決める

例えば毎日している洗濯を週2回にするなど、まとめられる家事はまとめましょう。下着やタオルを買い足すなど工夫をすれば可能です。また、切るのが大変な野菜はカット野菜にしたり、夕飯をワンプレートにまとめると、料理の支度や後片付けが楽になります。
多少部屋が散らかっていても夕飯の品数が少なくてもいいんです。そんなことより、ママが毎日笑顔でいることの方が、家族にとっては健康的なことなんですよ。

解消方法2. 休むことを覚える

子どもが寝たらアレもコレも一気に終わらせよう!と、毎日の家事に完璧を求めるのはやめて、子どもが寝た時こそ一人の時間を楽しんでみませんか。好きな音楽を聴きながら、イライラした気持ちをケアしてくれるハーブティをゆっくり飲むのもいいですね。スイーツを用意したり、自分へのご褒美タイムを作ってみましょう。

気楽にのんびり構えましょう

l_23_5

二人目育児で悩んでいるママは、真面目な完璧主義の方が多いのではないでしょうか。「こうしなければいけない」「二人の子供の育児に責任がある」そんな風に考えて、思い通りにいかない毎日にストレスがたまっていませんか?
育児に正解はありませんし、寄り道や遠回りの連続です。「自分の思い通りに物事をすすめる」という価値観は捨てましょう。いくつか用事があっても、そのうち一つ出来たら上出来!明日は〇〇しよう!そんな風に気楽に考えて、毎日笑顔で育児を楽しんでくださいね。

powered by AMOMA~ママと赤ちゃんのためのナチュラルブランド~

AMOMA 編集部おすすめ

l_23_6

イヤイヤ期の育児ストレスに
ストレスフリー

イヤイヤ期の子どもを持つママにおすすめのエッセンシャルオイルです。カッとなった心を落ち着けてくれる3種の精油を配合。

→商品をもっと詳しくみる

l_23_7

イライラせずに家族と向き合いたいママに
産後バランスブレンド

周期的なイライラ・だるさから、旦那さんや子どもにあたって自己嫌悪してしまうママに。乱れた周期や、子育てママ特有の心と身体の変化をサポートするハーブティーです。

→商品をもっと詳しくみる

求人情報

在宅可!時短あり!書類作成業務  

国が提供する助成金・奨励金・補助金を取得する際のサポート業務です。

詳しく見る↓

勤務地
都内・在宅。週1~2社内MTG有。応相談 
勤務時間
月10時間~応相談
報酬
勤務時間による
条件
書類作成が好きな方。人事労務その他助成金に興味がある方。 社労士を目指している方も大歓迎です。

話をきいてみる

↑閉じる

役所への書類提出等のアシスタント   

月に数回発生する役所等への提出物の準備、申請等をお願いします。子育てを優先しつつ、ちょっとだけ働きたいという方にオススメです。

詳しく見る↓

勤務地
新宿
勤務日数・時間
変則的 役所への提出なので日中のみです。
報酬
要相談、時給での計算も可能
条件
社労士大歓迎。(実務経験ナシ、ブランクありもOK)法務部、総務部、人事部に所属していた方、法律が好きな方、詳しい方 社会保険労務士等の資格を目指している方

話をきいてみる

↑閉じる

時短可能!週3日以上スタイリスト職

1)お客様の好み等に基づいたお洋服選び
・お客様に登録していただいたお気に入りのアイテムなどの情報を参考にしたパーソナルスタイリング 

2)お洋服のスタイリングアドバイス
・お選びしたお洋服の着こなしのアドバイスを書いていただきます。
・お洋服1点1点に対するコメントの作成
・お洋服ごとの特徴や、お客様のコーディネートの参考となるアドバイスを書いていただきます。

詳しく見る↓

勤務地
本社/東京都港区虎ノ門4-1-20 田中山ビル9F ※転勤はありません。   
勤務日数・時間
実働6~8時間(シフト制)
・週3日以上勤務
・土、日、水、祝日は出勤必須となります。
・勤務時間は1日6~8時間と選択が可能 。
※土、日曜日はどちらか一方の出勤も可能です。
※残業は原則ありません
※シフト例:10:00~17:00、10:00~19:00 
報酬
時給1000円以上※能力に応じて昇給あり。
条件
・アパレルでの接客経験のある方、コミュニケーションを取るのが得意な方、基本的なPCスキルがある方(Excel、Wordが使える)

話をきいてみる

↑閉じる

ママ向けサービスの企画・調査業務   

新規で年末にオープン予定のママ向けサービスの企画や情報収集業務です。 Webからの情報をExcelや資料にまとめます。自宅にパソコンがある方であれば Excelのレベルは問いません。

詳しく見る↓

勤務地
都内・在宅。月1社内MTGを予定   
勤務日数・時間
応相談 8月~11月まで   
報酬
勤務時間による   
条件
新しいサービスを作り出す事に興味がある方であれば 経験は問いません。ブランクがある方でもOKです。 

話をきいてみる

↑閉じる

クライアントへのヒアリング業務    

サービスに興味があるとお問い合わせ頂いた会社さんへ伺い、資料を見せながらサービスの説明をして頂きます。   

詳しく見る↓

勤務地
都内・直行直帰 
勤務日数・時間
月10時間~応相談  
報酬
応相談
条件
人と話すのが好きな方。ノルマもなく空いた時間にできる仕事なので子育てをしながら有効に時間が使えます。   

話をきいてみる

↑閉じる