ハーフバースデーが人気!おすすめのお祝い法をご紹介

ハーフバースデーってご存知ですか?普通の誕生日と異なるもので、赤ちゃんが6ヶ月の時にお祝いするものです。誕生日は12ヶ月、その半分の6ヶ月はハーフバースデーなのです。ではこのハーフバースデーではどのようなお祝いをしているのでしょうか?ハーフバースデーのお祝いの仕方をご紹介したいと思います。

1. 記念撮影

l_14_1
ハーフバースデーで多いのが写真撮影。スタジオで撮影するママさんもいれば、自宅で自分の好きなようにカスタマイズして撮影するママさんもいます。今流行の「ねんねアート」で撮影してもいいかもしれませんね。自宅で撮影する場合は、いろいろなグッズで背景を飾ります。その時は100円均一を利用すると良いでしょう。最近はパーティーグッズも多く取り扱っており、自宅でもスタジオ顔負けの写真を撮影することができます。特にセリアはママ達にも大人気。スタジオで撮影する場合は予算も勿論高いですが、予約していても待たされる場合もあり、その際は赤ちゃんがぐずってしまう事も。確かにスタジオは衣装も豊富で撮影もプロ仕様です。ただ最近はコスト削減を意識するママさんも多く、自宅で撮影する人も増えているようですよ。

2. 離乳食でお祝い

l_14_2
ハーフバースデーは6ヶ月で、ちょうど離乳食初期の頃です。その時は「10倍粥」など、その時期食べられるようなものを用意して、飾りつけしましょう。アンパンマンやケーキ風に盛り付けてもよいでしょう。彩り豊かにする場合は野菜粥にして色を付けるというアイディアもあります。カラフルな離乳食に興奮する赤ちゃんもいるかもしれませんね。最近は月刊誌の育児書で、ハーフバースデーのプレートを紹介しています。迷った場合はレシピを調べて参考にしてもよいでしょう。

3. 手型や足型などを残す

l_14_2
ハーフバースデーで人気なのが、成長記録を残すことです。例えば手型や足型を残すのは、小さいころの良い思い出になります。ただインクで汚れるのを嫌うママもいるかもしれません。そのような場合は手足が汚れない手型足型キットがあるので是非活用してみて下さい。石膏で飾って残すものもあります。パパと相談しながら楽しく成長記録を残すのも良いでしょう。他にも手作りアルバムなどで、赤ちゃんの成長記録を残すというママもいます。ママのオリジナルで赤ちゃんの記録を残してあげてもいいかもしれませんね。

4. 新しいおもちゃをプレゼント

l_14_3
ねんね時期も終わり6ヶ月になると、赤ちゃん自身の興味も変わってきます。新しいおもちゃをプレゼントすることもお勧めです。この時期赤ちゃんはすごい速さで成長し、興味が移り変わります。生まれた時のままのおもちゃだと物足りなくなるかもしれませんね。音の鳴るおもちゃや、最近は6ヶ月からの知育おもちゃがあるのでそちらもお勧めです。小さいころの興味を上手く利用し、成長を促してあげましょう。

求人情報

時短勤務可!シェアオフィスの営業管理 

株式会社アクトコールでシェアオフィスの営業管理のお仕事となります。
契約獲得の後に発生する手続きなどをご担当いただく予定です。

詳しく見る↓

勤務地
品川
勤務時間
9:00〜18:00
報酬
応相談
条件
若手社員の教育や1人称で作業も行えるくらいの能力を持たれている方を希望しております。イメージとしては大手不動産会社でバリバリ手続きや部下をもっていた方などが理想的です。

話をきいてみる

↑閉じる