小学校受験どうする?気になる試験内容をチェック

ちょっと気になる小学校受験!

e_26_1
新学期がスタートしました、お子さんの様子どうですか? これからの1年でさらに子どもが伸びやかに成長した姿を見せてくれるのがとっても楽しみですね。そんなことを考えていると、ふと小学校受験のことが気になるという保育園・幼稚園ママも多いのではないでしょうか?
試験はいつ行われるの?どんな問題が出題されるの?などなど…
そこで今回は、小学校受験について簡単にご紹介します!

試験日はいつ?申し込みは?

小学校を受験にはまず願書を入手することが必要です。各小学校のホームページをチェックし、入手方法を確認しましょう。
願書をくまなく確認し、必要事項を丁寧に記入したら小学校へ提出します。
実際の試験日は9月から11月くらいまでの間に設定されているのがほとんどです。
運動会や発表会など、秋は幼稚園行事が目白押し。重複がないかを確認し、もしあった場合はどうするのかをあらかじめ決めておきましょう。

どんな問題が出題されるの?

試験内容については、私立はもちろんのこと公立小学校であっても学校ごとに異なる試験が実施されます。それぞれに建学の精神があり、求めている生徒像も異なることから、学校ごとに試験を用意しています。
では早速種類別に見ていきましょう!

1. ペーパーテスト
文字通り筆記試験です。お話をよく聞いてその内容について答える「記憶」、ものや図形を分解・回転させたものの中から正解を選ぶ「構成」、絵の隠れている部分を考える「推理」、数を数える「数量」など様々です(挙げたものは全て例です)。そのほか、「知識」「言語」「知覚」など、大きく7種類に分類できます。
2. 行動観察
子ども達で集まり、指示によってみんなで一緒に遊び協力して何か課題をやり遂げる様子を観察し、個々の協調性やコミュニケーション力、判断力など全般を観察します。
また、着替えの際に脱いだ服をきちんとたたんで片付けているか、紐を使って細結びや蝶著結びができるかをみる小学校もあります。
3. 運動
平均台、マット、縄跳びなどを実施し、子ども達の運動の様子を確認します。運動能力の高さのみを見ているわけでなく、取り組む姿勢や健康状態などを見ています。
4. 絵画・制作
あるテーマを与えられ、それに沿った絵を描くなどの制作をします。上手い下手で優劣をつけるのではなく、対象をしっかり観察できているか、創意工夫がされているのか、情緒豊かに表現されているか等を見ています。


これらは全て実施されるわけでなく、学校ごとに試験内容が決定されています。
学校によっては特色ある出題内容を実施している小学校もありますので、ぜひ過去の出題内容を確認しておきましょう。
また、ほとんどの学校では親子面接が行われます。

まずは説明会に参加しよう!

これまで試験について紹介してきましたが、一番大事なのは、実際に小学校の説明会に参加したり、見学し体験したりすることです。
家庭の教育方針と合致しているか、子どもに合った環境か、無理なく登校できるのか…自分の目でしっかりと確認し、体験入学を通して実感しましょう。

求人情報

時短勤務可!シェアオフィスの営業管理 

株式会社アクトコールでシェアオフィスの営業管理のお仕事となります。
契約獲得の後に発生する手続きなどをご担当いただく予定です。

詳しく見る↓

勤務地
品川
勤務時間
9:00〜18:00
報酬
応相談
条件
若手社員の教育や1人称で作業も行えるくらいの能力を持たれている方を希望しております。イメージとしては大手不動産会社でバリバリ手続きや部下をもっていた方などが理想的です。

話をきいてみる

↑閉じる