雨の日や週末に!気軽にできる科学のお勉強や工作実験

週末何をして遊ぼうかと頭を悩ます事も多いのではないでしょうか?できれば一日で簡単に済むものが理想ですよね。今回は自宅で気軽にできるおススメの自由研究をご紹介したいと思います。

1. 重層で作る入浴剤

シュワシュワした発砲する入浴剤。これ、子どもは大好きじゃありませんか?実はこの入浴剤、重層で簡単に作れるのです。よくアロマ入りの入浴剤を作る人もいますよね。子ども達も発想豊かに、楽しんで作ることができます。

まず用意するものは
重層、クエン酸、計量カップ・スプーン、ボウル、ビニール製の手袋、トレイ、ラップ、密閉容器、型抜。
作り方はとっても簡単!まず、クエン酸と重層を混ぜます。ビニール手袋をはめて捏ねた後、好きな型に詰めたり、計量スプーンで丸くしたり成型をします。完成後水に入れてみて下さい。シュワシュワと溶け出し、子どもたちも興奮間違いなしです。「なぜ?どうして?」の発想が沢山生まれますよ。

参照:キッズ@nifty 自由研究 バスボム入浴剤

2. 段ボールのイス

次は小学生にはとてもお勧めな段ボールでのイス作り。普通、空の段ボールの箱に座ると直ぐに壊れてしまいますよね。それは中が空洞だから。ではどうしたら段ボールの箱は壊れずに済むのでしょうか?そんな疑問から生まれたのが今回の工作実験です。
用意するのは段ボールと接着用のテープや糊です。段ボールの椅子を作る時、子ども達に少しずつ変化を持たせながら「どうすれば強度が増すか」を考えていきましょう。座る部分を作成した後、自分が好きなようにペイントしてもいいです。思い出として飾ることもできますね!

参照:学研キッズネット アイデアデータベース だんボールでいす作り

e_10

(出典 http://kids.gakken.co.jp/jiyuu/idea_db/508.html)

3. ゴム動力ペンギン

ゼンマイの原理がわかる自由研究です。ミシンで使用する糸まきの廃材を利用します。
用意する材料は割り箸、ろうそく、紙コップ、ミシン糸の糸まきです。作り方は、まず割り箸を割ります。分けた割り箸を2.5㎝と残りの長さに分けます。ろうそくは厚さ1cmの輪切りにし、中の芯を取り除きます。糸まきにゴムを通し(通す際は糸通しやヘアピンを使用)、糸通しの両端に、2.5㎝に切った割り箸と残りの長い方(糸まきと割り箸の間には輪切りのろうそくを挟む)をそれぞれに糸まきに通したゴムをかけます。その後、2.5cmの方の割り箸はセロハンテープで固定しましょう。今度は紙コップにペンギンの絵を描き、下をくりぬきます。長いほうの割り箸を40回ほど回し、上にペンギンの紙コップを載せると、カタカタと前に進むペンギンの出来上がりです。紙コップに描く絵はペンギンでなくてもOKです。好きな動物を描かせるといいでしょう。
とても簡単で手軽にできる自由研究なので、是非挑戦してみて下さいね。
参照:学研キッズネット アイデアデータベース ゴム動力ペンギン

求人情報

時短勤務可!シェアオフィスの営業管理 

株式会社アクトコールでシェアオフィスの営業管理のお仕事となります。
契約獲得の後に発生する手続きなどをご担当いただく予定です。

詳しく見る↓

勤務地
品川
勤務時間
9:00〜18:00
報酬
応相談
条件
若手社員の教育や1人称で作業も行えるくらいの能力を持たれている方を希望しております。イメージとしては大手不動産会社でバリバリ手続きや部下をもっていた方などが理想的です。

話をきいてみる

↑閉じる